4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ
127件中 121 - 127件表示
  • 月見

    月見から見た沖縄県

    沖縄県宮古島では、人頭税が課せられていた時代から、旧暦8月15日の十五夜に、その年の租税の完納を祝うとともに、翌年の五穀豊穣を願う豊年祭が各地で行われている。宮古島市上野村野原では、午前中に御嶽で礼拝し、夜には観月会をした後に青年男性の棒踊と婦人の輪踊りが行われるマストリヤーという行事が行われ、国の選定無形民俗文化財に選定されている。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た沖縄

    現代では、月が見える場所などに、薄(すすき)を飾って月見団子・里芋・枝豆・栗などを盛り、御酒を供えて月を眺める(お月見料理)。この時期収穫されたばかりの里芋を供えることから、十五夜の月を特に芋名月(いもめいげつ)と呼ぶ地方もある。一方、沖縄ではふちゃぎ(吹上餅)を作って供えている。また仏教寺院では、豊作を祈る満月法会を催すところもある。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た南米

    南米の日系人社会でも、日本と同様に十五夜の月を中秋の名月として観月する。ただし、南半球では春であり、月の位置も観月に適してはいない。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た英語圏

    英語圏では同時期の満月を表す表現として「」や「」がある。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た人頭税

    沖縄県宮古島では、人頭税が課せられていた時代から、旧暦8月15日の十五夜に、その年の租税の完納を祝うとともに、翌年の五穀豊穣を願う豊年祭が各地で行われている。宮古島市上野村野原では、午前中に御嶽で礼拝し、夜には観月会をした後に青年男性の棒踊と婦人の輪踊りが行われるマストリヤーという行事が行われ、国の選定無形民俗文化財に選定されている。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見たおもち

    台湾では中秋節は重要な民俗行事であり、全台湾が休日となる。月見をして月餅やブンタン(文旦)を食べる習慣がある。地区的な文化としては、高雄市美濃区の客家のアヒルを殺して食べる習慣や、宜蘭の小麦粉を練って中に黒糖を塗って焼いた「菜餅」を食べる習慣がある。また、台湾南部ではおもちや火鍋を食べる風習もある。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た十六夜

    加えて、中秋の夜に雲などで月が隠れて見えないことを「無月(むげつ)」、中秋の晩に雨が降ることを「雨月(うげつ)」と呼び、月が見えないながらもなんとなくほの明るい風情を賞するものとされる。「望(ぼう)」は満月を指す。また、俳諧では8月14日 - 15日、16日 - 17日の夜をそれぞれ「待宵(まつよい)」、「十六夜(いざよい)」と称して名月の前後の月を愛でる。月見 フレッシュアイペディアより)

4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ
127件中 121 - 127件表示

「月見」のニューストピックワード