127件中 71 - 80件表示
  • 月見

    月見から見たアヒル

    台湾では中秋節は重要な民俗行事であり、全台湾が休日となる。月見をして月餅やブンタン(文旦)を食べる習慣がある。地区的な文化としては、高雄市美濃区の客家のアヒルを殺して食べる習慣や、宜蘭の小麦粉を練って中に黒糖を塗って焼いた「菜餅」を食べる習慣がある。また、台湾南部ではおもちや火鍋を食べる風習もある。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た銅鑼湾

    銅鑼湾の大坑では、火龍の舞を3日続けて行う。これは客家の習慣で、旧暦8月14日から16日の3日間続けて行い、災いを消し貧乏から逃れることを願う。また、年長者に長寿麵を、年少者に豬仔餅を送る習慣がある地区がある。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た六曜

    旧暦8月15日は、日本の六曜で必ず仏滅になることから、俗に「仏滅名月」とも呼ばれる。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見たとろろ昆布

    茹でた蕎麦・うどんを丼に入れ、場合によって叢雲(むらくも)やススキに見立てた海苔(またはとろろ昆布やワカメで代用)を敷いてから、生卵を割り入れて、つゆと薬味を添えたものを「月見うどん」、「月見そば」と呼ぶ。月見の風情をどんぶりの中に見立てたものである。本来、が、現代では海苔なしでも卵さえ入っていれば月見と言ってしまうことも多い。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た目的語

    台湾では、かき氷のメニューのひとつとして「、ユエチエンピン」(月見氷)がある。かき氷の上に黒糖蜜、練乳、ドライフルーツなどのトッピングを乗せた後、真ん中にくぼみを作って、生卵の黄身を割り入れたものである。中国語で月見は「賞月」という言い方が普通であり、「月見」は日本語からの借用と考えられる(中国語は述語 - 目的語のSVO型語順であり、「月見」のような目的語 - 述語の語順は本来は用いない)。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た

    中国から仲秋の十五夜に月見の祭事が伝わると、平安時代頃から貴族などの間で観月の宴や、舟遊び(直接月を見るのではなく船などに乗り、水面に揺れる月を楽しむ)でを詠み、宴を催した。また、平安貴族らは月を直接見ることをせず、杯や池にそれを映して楽しんだという。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た明代

    明代の中国では宴会に加えて、名月の日に供え物や月餅を贈り合う習慣が始まったと田汝成の『煕朝楽事』に記録がある。日本では室町時代に入ってからも名月の日は続いたが、遊宴としては簡素になっていき、室町後期の名月の日には月を拝み、お供えをする風習が生じていた。『御湯殿上日記』には後陽成天皇がナスに開けた穴から月を見て祈る「名月の祝」という祝儀の様子が記録されている。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た嫦娥

    ベトナムでは、()または()と呼ぶ。これはクオイ()の伝説が起源となっている。彼の妻はうっかり聖なるガジュマルの木に尿をして、木を冒涜してしまう。そしてその木の枝に座った時、木は成長を始め、とうとうクオイの妻を載せたまま月まで伸びてしまった。毎年中秋節の間、子供たちは灯籠を灯して行列を作り、クオイの妻に地上へ帰る道を教えている。ベトナムの月餅は、無論丸いものもあるが、四角いものが多い。ベトナム由来のクオイの妻の物語の他に、嫦娥や登竜門の伝説も広く語られる。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見たワカメ

    茹でた蕎麦・うどんを丼に入れ、場合によって叢雲(むらくも)やススキに見立てた海苔(またはとろろ昆布やワカメで代用)を敷いてから、生卵を割り入れて、つゆと薬味を添えたものを「月見うどん」、「月見そば」と呼ぶ。月見の風情をどんぶりの中に見立てたものである。本来、が、現代では海苔なしでも卵さえ入っていれば月見と言ってしまうことも多い。月見 フレッシュアイペディアより)

  • 月見

    月見から見た中華人民共和国

    中国では中秋節として盛大に祝う。中秋節は祝日となっている。中国では当日、月餅を食べながら月を観る慣習があったが、近年は月餅はひと月以上前から知人に配るようになったため、中秋当日までに月餅は食べ飽きてしまい、中秋当日には売れ残りを恐れて安売りされるという現象も起きている。月見 フレッシュアイペディアより)

127件中 71 - 80件表示

「月見」のニューストピックワード