前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
392件中 1 - 10件表示
  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た木村伊量

    政治部出身者が二代続けて社長となった秋山耿太郎・木村伊量までは、政治部出身者と経済部出身者が交互に社長になることが5回続いていた。社会部出身者からは現社長の渡辺雅隆が、村山事件を受けて社長に就任した美土路昌一以来の社長となった。経済部出身の広岡知男社長の後任の社長レースは、同じく経済部出身の渡辺誠毅副社長と社会部出身の田代喜久雄専務が争って渡辺副社長が勝ち、渡辺社長の後任の社長レースは、政治部出身の一柳東一郎副社長(元田代専務派)と社会部出身の伊藤牧夫専務(渡辺社長派)が争って一柳副社長が勝った。このことから、政治部内では社会部のことを「朝日の参議院」と呼んでいる。2005年(平成17年)、経済部出身の箱島信一社長が武富士広告費問題で辞任。後任には専務三人のうち経済部出身の君和田正夫は別として残り2人の内海紀雄、坂東愛彦、さらに常務筆頭の小林泰宏といった社会部出身からは選ばれず、常務第三席で政治部出身の秋山耿太郎が5人抜きで昇格した。さらに、朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た日本経済新聞社

    同年10月1日 - 朝日新聞社と読売新聞グループ本社、日本経済新聞社の3社がインターネット分野における共同事業及び販売事業における業務提携、システム障害と災害時における新聞発行の相互援助協定を締結することを発表。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見たテレビ朝日

    同年10月1日 - 朝日新聞社、日刊スポーツ新聞社、テレビ朝日(当時の登記上正式社名「全国朝日放送」)、朝日放送が中心となって「株式会社衛星チャンネル」設立。通信衛星を利用したケーブルテレビ向けコンテンツ「衛星チャンネル(現・朝日ニュースター)」の番組配信を開始(1993年にスカイポートTVでの放送事業に昇格。1997年にパーフェクTV向けのデジタル放送開始)。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た筑紫哲也

    2007年(平成19年)9月12日付のJ-CASTニュースで、朝日新聞社内部(asahi-np.co.jp)からウィキペディア日本語版の筑紫哲也など約820件の記事項目が大量に修正されていた事が報道され、その後9月11日に朝日新聞全社員に対して注意喚起が行われた。なお、J-CAST側が朝日新聞社の広報担当者に取材したところ、「社内規定で社内のネットワーク(社内LAN)の業務外使用をかねてより禁止している」と返答した。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た船橋洋一

    同年6月26日 - 秋山耿太郎社長の改革路線で、30年間空席となっていた主筆に船橋洋一を起用。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た朝日新聞出版

    同年4月 - 出版部門を分社し、株式会社朝日新聞出版を設立。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た中日新聞社

    同年10月14日 - 中日新聞社と2011年春を目処に新聞の印刷で相互委託し合うことで提携したと発表。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見たKDDI

    同年5月27日 - ソニー、KDDI、凸版印刷、朝日新聞社の4社共同で電子書籍の事業企画会社を設立すると発表。7月1日に電子書籍配信事業準備として発足し、11月24日に電子書籍配信事業会社「ブックリスタ」となった。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た読売新聞グループ本社

    同年10月1日 - 朝日新聞社と読売新聞グループ本社、日本経済新聞社の3社がインターネット分野における共同事業及び販売事業における業務提携、システム障害と災害時における新聞発行の相互援助協定を締結することを発表。朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た全日本空輸

    全日本空輸株式会社 (1.26%)朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
392件中 1 - 10件表示

「朝日新聞社」のニューストピックワード