474件中 101 - 110件表示
  • 保安幹部訓練大隊

    保安幹部訓練大隊から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    保安幹部訓練大隊(ほあんかんぶくんれんだいたい)は、連合軍軍政期の北朝鮮地区の防衛組織。後に人民集団軍となり、最終的に朝鮮人民軍へと改組された。保安幹部訓練大隊 フレッシュアイペディアより)

  • 人民集団軍

    人民集団軍から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    人民集団軍(じんみんしゅうだんぐん)は、連合軍軍政期の北朝鮮地区の防衛組織。保安幹部訓練大隊の後身であり、朝鮮人民軍の前身である。人民集団軍 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮人民軍後方総局

    朝鮮人民軍後方総局から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    朝鮮人民軍後方総局(ちょうせんじんみんぐんこうほうそうきょく、????)は、朝鮮人民軍の後方支援兵科を一元的に管轄する機関。朝鮮人民軍後方総局 フレッシュアイペディアより)

  • ICMホールディング

    ICMホールディングから見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    初期の頃の代表作であったYak-9シリーズやT-35、T-28などは、会社の分裂によりアランゲルに譲渡されている。また、旧版で限定的に販売されていた朝鮮戦争セット(朝鮮人民軍仕様のTu-2SとYak-9のセット)もリニューアル版パッケージでは発売されていない。また、初期パッケージではスピットファイアは各国仕様のパッケージで販売されていたが、リニューアル版パッケージでは縮小されている。ICMホールディング フレッシュアイペディアより)

  • 李相朝

    李相朝から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    1946年6月に朝鮮に帰国する。1948年9月の朝鮮民主主義人民共和国の建国に参加する。朝鮮労働党の党中央組織部長や商工副相となる。1950年6月に朝鮮戦争が始まると朝鮮人民軍の副総参謀長兼偵察局長、前線司令部参謀長などを歴任する。1953年に朝鮮人民軍中将となる。1953年7月に朝鮮戦争の軍事停戦委員会の中朝側首席代表となる。1955年8月に駐ソ連大使としてモスクワに赴任する。1956年4月に朝鮮労働党の党中央委員となる。李相朝 フレッシュアイペディアより)

  • 崔富日

    崔富日から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    崔 富日(もしくは崔 富一、チェ・ブイル、1944年3月- )は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の軍人、政治家。朝鮮労働党中央委員会政治局員、同党中央軍事委員会委員、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員、人民保安部長。朝鮮人民軍における軍事称号は大将。2016年5月の朝鮮労働党第7次大会終了時点での党内序列は19位。崔富日 フレッシュアイペディアより)

  • 李明秀

    李明秀から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    李 明秀(または李明洙、リ・ミョンス、1937年 ? - )は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の政治家、軍人。朝鮮労働党中央委員会政治局員、同党中央軍事委員会委員、朝鮮人民軍総参謀長。元人民保安部長、元朝鮮民主主義人民共和国国防委員会委員。朝鮮人民軍における軍事称号(階級)は次帥。2016年5月の朝鮮労働党第7次大会終了時点での党内序列は17位。李明秀 フレッシュアイペディアより)

  • 李勇武

    李勇武から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    李 勇武(リ・ヨンム、、1923年1月25日 - )は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の軍人・政治家。国防委員会副委員長、元朝鮮労働党中央委員会政治局員。朝鮮人民軍における軍事称号は次帥。李勇武 フレッシュアイペディアより)

  • 呉克烈

    呉克烈から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    呉 克烈(オ・グッリョル、1931年 - )は、朝鮮民主主義人民共和国の軍人、政治家。朝鮮民主主義人民共和国国防委員会副委員長。朝鮮人民軍総参謀長、朝鮮労働党中央委員会政治局員、同政治局員候補、党作戦部長、最高人民会議第11期代議員(現361号選挙区)などを歴任した。朝鮮人民軍における軍事称号(階級)は大将。呉克烈 フレッシュアイペディアより)

  • 朱奎昌

    朱奎昌から見た朝鮮人民軍朝鮮人民軍

    朱奎昌(チュ・ギュチャン、)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の政治家。元朝鮮労働党中央委員会政治局員候補、元同党中央軍事委員会委員、元同党機械工業部長、元国防委員会委員。朝鮮人民軍における軍事称号(階級)は上将。朱奎昌 フレッシュアイペディアより)

474件中 101 - 110件表示

「朝鮮人民軍」のニューストピックワード