木佐貫洋 ニュース&Wiki etc.

木佐貫 洋(きさぬき ひろし、1980年5月17日 - )は、鹿児島県川内市(現:薩摩川内市)出身の元プロ野球選手(投手)。右投右打。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「木佐貫洋」のつながり調べ

  • 鶴岡慎也

    鶴岡慎也から見た木佐貫洋

    ''、開幕マスクで勝利したが、同年も大野と併用起用となった。4月は好ブロックで完封試合を作るなど順調だったが、5月5日からの先発マスクで6連敗した(チームは9連敗)。6月1日の対中日戦で出た2年ぶりの本塁打が新人・大谷翔平の初勝利を援護する逆転弾となった。6月16日の対ソフトバンク戦では8回同点二死一二塁の場面で代打起用されるとプロ初のヘッドスライディングでブライアン・ファルケンボーグから内野安打をもぎ取り、稲葉篤紀の勝ち越し打を呼んだ。6月26日の同カードでは10回無死二塁の場面でバントした所、一塁手の中村晃が悪送球し、チームは同年初のサヨナラ勝利で最下位を脱出した。7月1日に監督推薦でオールスターへ選出された。オールスターでは7月19日第1戦で4回守備から途中出場して澤村拓一から安打したが2盗塁・同点打を許した。第2戦は6回の守備のみ出場して1盗塁・1失点を許した。8月10日の対千葉ロッテ戦11回同点一死三塁の場面で代打起用され、藤岡貴裕からプロ11年目にして初のサヨナラタイムリー打を放った。8月23日の対オリックス戦では初めて指名打者で先発出場して2打点を挙げた。9月14日から先発マスクで6連敗し、チームは前年優勝からの最下位に終わった。最終的に76試合に先発出場して(指名打者1試合)、フル出場した41試合で24勝17敗、3完封勝利だった。移籍してきた木佐貫洋とのコンビで初勝利・完封勝利を含む9勝を挙げたものの、他の主力投手では負け越してチームの借金の大半を背負った。盗塁阻止率もリーグワーストの.188だった。打撃では規定未到達ながら自己最高の打率.295で終えた。(鶴岡慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 亀山つとむのかめ友 Sports Man Day

    亀山つとむのかめ友 Sports Man Dayから見た木佐貫洋

    木佐貫洋(オリックス→北海道日本ハムファイターズ投手)(亀山つとむのかめ友 Sports Man Day フレッシュアイペディアより)

「木佐貫洋」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「木佐貫洋」のニューストピックワード