前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
105件中 1 - 10件表示
  • 木田優夫

    木田優夫から見た明石家さんま

    、NPB復帰を目指し、石川で投手兼ゼネラルマネージャーとしてプレー。前年と同じく抑えを任されたが、8月24日に金沢市内のホテルで会見を開き、今季限りでの現役引退を発表した。9月13日の福井ミラクルエレファンツ戦(石川県立野球場)では友人である明石家さんまが臨時コーチを務め、試合終了後に退団式と称して球場を1周した。翌9月14日の群馬ダイヤモンドペガサス戦(石川県立野球場)で引退試合を行い、背番号12番は石川の永久欠番となった。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た小林繁

    、オリックスとの日本シリーズで2試合で22人連続無走者に抑え、連続無走者のシリーズ記録を樹立したと一度は発表されたが、翌日になって1976年に小林繁が23人連続で抑えていたことが明らかになり、撤回された。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た野村貴仁

    1月に野村貴仁との交換トレードでオリックス・ブルーウェーブへ移籍。1996年以来の先発で勝利し、後半戦では抑え投手として起用されると16セーブを記録する。オフにフリーエージェント権を行使した。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た清宮幸太郎

    10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議にて日本ハム球団のくじ引き役を務め、1巡目指名で7球団が競合した清宮幸太郎の当たりくじを左手で引き当てた事により話題の人となった。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見たアレックス・ラミレス

    1000奪三振:2009年8月7日、対読売ジャイアンツ11回戦(東京ドーム)、6回裏にアレックス・ラミレスから ※史上124人目木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た古田敦也

    2005年オフに新監督に就任した古田敦也の誘いを受け東京ヤクルトスワローズに入団。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見たボビー・ケッペル

    3月22日の対福岡ソフトバンクホークス戦にて、先発のボビー・ケッペルが故障のため降板したのを受けて緊急登板し、5イニングを無失点に抑えて移籍後初勝利。5月4日には通算500試合登板を達成した。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た野茂英雄

    、AAA級トレドで開幕を迎え、5月8日にメジャー昇格。10日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦では野茂英雄と継投したが、17日のインディアンス戦で3点本塁打を喫し、19日にトレドに降格。6月9日にタイガースとの契約を解除された。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た原辰徳

    同年3月4日、札幌ドームでの巨人とのオープン戦試合前にNPB引退セレモニーが行われ、原辰徳との一球勝負で空振りを奪った。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見た読売ジャイアンツ

    国分寺五中在学時のに、関東代表として台湾に遠征した経験を持つ。中学卒業後、山梨県の日本大学明誠高校に進学(同高の同級生には元バスケットボール選手の小野壮二郎がいた)。春季関東大会に出場するが、1回戦で宇都宮商に敗れる。同年の山梨大会ではエース、四番打者として決勝に進むが、久慈照嘉らのいた東海大甲府に敗れ、準優勝。右の本格派として注目を集め、1986年度プロ野球ドラフト会議にて読売ジャイアンツから1位指名を受けた。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
105件中 1 - 10件表示

「木田優夫」のニューストピックワード