48件中 31 - 40件表示
  • PSVアイントホーフェン

    PSVアイントホーフェンから見た朴智星朴智星

    2002年夏、2002 FIFAワールドカップで韓国をベスト4に導いたフース・ヒディンク監督がPSVの新監督に就任した。韓国代表の朴智星や李榮杓が加入し、2002-03シーズンにはアリエン・ロッベンなどのスター選手が誕生。リーグ戦では2シーズンぶりの優勝を果たしたが、UEFAチャンピオンズリーグではグループリーグ最下位に終わった。2003-04シーズンはリーグ優勝を逃し、UEFAチャンピオンズリーグのグループリーグではデポルティーボ・ラ・コルーニャ(スペイン)と同勝ち点ながら3位でグループリーグ敗退となった。UEFAカップに回り、準々決勝ではボビー・ロブソン監督率いるニューカッスル・ユナイテッドFCを破った。PSVアイントホーフェン フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・コクー

    フィリップ・コクーから見た朴智星朴智星

    FCバルセロナからは新契約を提示されていたが、UEFA欧州選手権2004の開幕前に古巣PSVアイントホーフェン移籍を決めた。2004-05シーズンのUEFAチャンピオンズリーグではMFマルク・ファン・ボメル、韓国代表のMF朴智星、スイス代表のMFヨハン・フォーゲルなどと3人の中盤を構成し、準決勝進出の快挙を遂げた。準決勝のACミラン戦セカンドレグではロスタイムにボレーシュートを決めたが、最終的には2試合合計3-3(ag)で敗れている。2004-05シーズンから2シーズン連続でリーグ優勝を果たし、2006年夏には現役引退の可能性もあったが、クラブ側の慰留もあって現役続行を決めた。2007年4月29日のSBVフィテッセ戦がPSVアイントホーフェンでの最終戦となったが、この試合でコクーはリーグ3連覇を決定づける5点目を決めている。PSVアイントホーフェンでの晩年はそのプレースタイルの劇的な変化から「メタモルフォーゼ(変態)」と表現されるほどの輝きを放った。フィリップ・コクー フレッシュアイペディアより)

  • 第52回NHK紅白歌合戦

    第52回NHK紅白歌合戦から見たパク・チソン朴智星

    パク・チソン(京都パープルサンガフォワード):同上。第52回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 金民友

    金民友から見た朴智星朴智星

    鳥栖時代に金を指導した尹晶煥は朴智星を抜く可能性を秘めていると太鼓判を押している。金自身も「Jリーグでこれほど長くプレーできたのはユンさんのおかげ」と語っている。金民友 フレッシュアイペディアより)

  • 宋仁榮

    宋仁榮から見た朴智星朴智星

    韓国出身で現在はマンチェスター・ユナイテッドにてプレーしているパク・チソンに憧れており、彼がかつて京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)に在籍していたことから、Jリーグ入りを目指した。2011年6月より練習生としてロアッソ熊本の練習に参加。7月14日に入団が発表される。宋仁榮 フレッシュアイペディアより)

  • 高田潤

    高田潤から見た朴智星朴智星

    サッカー日本代表の松井大輔とは彼が京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)に所属していた時から友人関係にあり、松井の京都時代のチームメイトであり親友である韓国代表の朴智星も交えて一緒に飲みに出かけるなどの交友がある。高田潤 フレッシュアイペディアより)

  • Kリーグ1

    Kリーグ1から見た朴智星朴智星

    過去において、Kリーグではヨーロッパのような育成組職は多くなく、優秀な人材は高校や大学、実業団に所属する選手からセレクトしてきた。大抵の選手は大学卒業後、Kリーグのクラブ入りする。高校卒業後、大学1年生在学中に、いきなりJリーグの京都パープルサンガ入りした朴智星のような例は、当地では異例中の異例であった。しかし、Jリーグを背景に長足の進化を遂げた日本に刺激を受け、近年ではサッカー協会がKリーグのクラブにユース組織結成を促すなど、選手育成システムの改善に力を入れている。Kリーグ1 フレッシュアイペディアより)

  • サッカー大韓民国代表

    サッカー大韓民国代表から見た朴智星朴智星

    朴智星(パク・チソン)(クイーンズ・パーク・レンジャーズFC)サッカー大韓民国代表 フレッシュアイペディアより)

  • 李根鎬

    李根鎬から見た朴智星朴智星

    同年5月にフランス1部リーグのパリ・サンジェルマンFCから複数年契約でのオファーを受け、同年6月には移籍が内定したと報道された。この移籍決断には同じくJリーグを経由し欧州でプレーしている朴智星からの「若いうちにやるべきことがある」という助言が大きく作用したとされる。磐田ではクラブ側が壮行会(送別会)も開催するほどだった。しかし翌7月に入ってからパリ・サンジェルマンは、入団は決定していないと発表し、李の獲得に必要な外国人枠を確保するのに必要であった欧州圏外選手の放出も行わなかったため契約交渉は破談した。7月19日に翌20日からの1年契約での磐田再入団が決定した。李根鎬 フレッシュアイペディアより)

  • ティム・ケーヒル

    ティム・ケーヒルから見た朴智星朴智星

    2014年大会終了時でワールドカップ通算5ゴールはAFCの選手としては単独最多となっている(OFC時代の2ゴール含む。2位タイは3ゴールの安貞桓、サミ・アル=ジャバー、朴智星、本田圭佑)。ティム・ケーヒル フレッシュアイペディアより)

48件中 31 - 40件表示

「朴智星」のニューストピックワード