前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
110件中 1 - 10件表示
  • 朴智星

    朴智星から見たパトリス・エヴラ

    マンチェスター・ユナイテッドのチームメイトやファーガソン監督からは「Ji(ジー)」というニックネームで呼ばれていた。チームメイトの中では特にパトリス・エヴラと仲が良かった。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見た松井大輔

    1シーズン目から中盤の控えとして出場機会があったが、京都がJ2に降格した2シーズン目から、その活躍ぶりは顕著になる。主にボランチのポジションで38試合に出場、3得点を挙げ、メキメキと頭角を現しだし京都のJ1昇格に貢献。J1昇格後はウィングにコンバートされ松井大輔、黒部光昭と3トップを形成した。2001年にJ2に降格したが残留し、韓国代表に招集されてもできる限り断ってチームに残るなど、献身的な姿を見せている。怪我を押して出場した第82回天皇杯の決勝でも同点ゴールを決め逆転優勝に貢献。同時に韓国A代表でも徐々にレギュラーとしての地位を確立する。在籍中は大阪経済法科大学に在学し、日本語を流暢に話せるようになるまで学ぶなど、日本に溶け込む努力も見せた。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たアレックス・ファーガソン

    2002年W杯のベスト4と、2005年UEFAチャンピオンズリーグのベスト4(PSV時代)という実績は、イングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドの監督アレックス・ファーガソンの目に留まり、2005年7月に400万ポンドの金額でマンチェスター・ユナイテッドに移籍。しかし、加入当初の英国メディアの論調は厳しく、それまでプレミアリーグで成功を収めたアジア人選手がいなかったこと、多くのアジア人選手が、アジアのサッカーマーケット開拓の道具として獲得されていることなどから、朴も広告塔としての加入ではないかと懐疑の目が向けられた。また、彼の実力を評価した専門家も、マンチェスター・ユナイテッドというビッグクラブで出番機会が与えられるのか不安視していた。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たUEFAチャンピオンズリーグ

    アジア人選手として初めてUEFAチャンピオンズリーグのトロフィーを手に入れ、そして決勝戦でプレーした選手である。朴は4度のプレミアリーグ優勝を経験し、UEFAチャンピオンズリーグとFIFAクラブワールドカップでも優勝を経験している。UEFAチャンピオンズリーグ9年連続9回の出場はアジア人最多、欧州サッカー連盟主催の国際大会に11回出場もアジア人最多である。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たリオ・ファーディナンド

    2008-09シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ 2008-09の準決勝アーセナル戦で先制ゴールを奪いチームを決勝へと導き、CL決勝の舞台にアジア人プレイヤーとして初めてピッチに立った。2009-10シーズンはまたもやアーセナル相手にゴールを奪い、エミレーツ・スタジアムでのリーグ戦でユナイテッドに初の勝利をもたらすと、この年のCL決勝トーナメント1回戦ではACミランからゴールを奪いチームをベスト8に導いた。またミランの司令塔アンドレア・ピルロを完璧に封じた。リオ・ファーディナンドはEURO2012のイングランド対イタリア戦におけるピルロの活躍に触れた際、この試合に言及して「朴智星は当時、最高のマンツーマン守備を見せた」とし「ピルロは眠りながらも朴智星を見たはずだ」と述べている。更にこの年にはリヴァプールとのナショナルダービーで決勝点となるダイビングヘッドを決めリオ・ファーディナンドから「怪物のようだ」とも評された。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たフース・ヒディンク

    2002年、元韓国代表監督であったフース・ヒディンクの推薦を受け、オランダ・エールディヴィジのPSVアイントホーフェンに移籍。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見た川島永嗣

    これらの活動には韓国代表選手や日本代表選手なども協力し、第1回では松井大輔や三浦知良に加えて中田英寿や川島永嗣、第2回では2大会連続となる三浦 や宮本恒靖・田中誠らが参加した。第2回にはマンチェスター・ユナイテッドのチームメイトのリオ・ファーディナンドや北朝鮮代表の鄭大世も出場した。第3回大会には北朝鮮代表の安英学が参加し、安は自らのツイッターで試合への参加を報告した。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たサミュエル・エトオ

    しかし、オランダでの3年間で2度のリーグ制覇を経験。特に3年目のシーズンは中心選手としてチームを牽引した。UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05の準決勝でセリエA・ACミランと対決し、ミランのホーム、サン・シーロで行われた第1試合では、再三にわたりミランのDF陣を切り裂き、賞賛された。PSVのホームに戻った第2試合では、鮮やかな先制ゴールを奪い、ミランに対しリードを奪うが、終了間際にマッシモ・アンブロジーニにゴールを決められ、アウェーゴール数の差により決勝進出はならなかった。この活躍により、UEFAが発表した2005年のポジション別MVPのFW部門でアンドリー・シェフチェンコ、アドリアーノ・レイテ・リベイロ、サミュエル・エトオとロナウジーニョと共にMVP候補に選ばれた。また、同年のリーグ優勝決定試合でも貴重なゴールを決めた。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見た鄭大世

    これらの活動には韓国代表選手や日本代表選手なども協力し、第1回では松井大輔や三浦知良に加えて中田英寿や川島永嗣、第2回では2大会連続となる三浦 や宮本恒靖・田中誠らが参加した。第2回にはマンチェスター・ユナイテッドのチームメイトのリオ・ファーディナンドや北朝鮮代表の鄭大世も出場した。第3回大会には北朝鮮代表の安英学が参加し、安は自らのツイッターで試合への参加を報告した。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見た黒部光昭

    1シーズン目から中盤の控えとして出場機会があったが、京都がJ2に降格した2シーズン目から、その活躍ぶりは顕著になる。主にボランチのポジションで38試合に出場、3得点を挙げ、メキメキと頭角を現しだし京都のJ1昇格に貢献。J1昇格後はウィングにコンバートされ松井大輔、黒部光昭と3トップを形成した。2001年にJ2に降格したが残留し、韓国代表に招集されてもできる限り断ってチームに残るなど、献身的な姿を見せている。怪我を押して出場した第82回天皇杯の決勝でも同点ゴールを決め逆転優勝に貢献。同時に韓国A代表でも徐々にレギュラーとしての地位を確立する。在籍中は大阪経済法科大学に在学し、日本語を流暢に話せるようになるまで学ぶなど、日本に溶け込む努力も見せた。朴智星 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
110件中 1 - 10件表示

「朴智星」のニューストピックワード