110件中 21 - 30件表示
  • 朴智星

    朴智星から見たアンドレア・ピルロ

    2008-09シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ 2008-09の準決勝アーセナル戦で先制ゴールを奪いチームを決勝へと導き、CL決勝の舞台にアジア人プレイヤーとして初めてピッチに立った。2009-10シーズンはまたもやアーセナル相手にゴールを奪い、エミレーツ・スタジアムでのリーグ戦でユナイテッドに初の勝利をもたらすと、この年のCL決勝トーナメント1回戦ではACミランからゴールを奪いチームをベスト8に導いた。またミランの司令塔アンドレア・ピルロを完璧に封じた。リオ・ファーディナンドはEURO2012のイングランド対イタリア戦におけるピルロの活躍に触れた際、この試合に言及して「朴智星は当時、最高のマンツーマン守備を見せた」とし「ピルロは眠りながらも朴智星を見たはずだ」と述べている。更にこの年にはリヴァプールとのナショナルダービーで決勝点となるダイビングヘッドを決めリオ・ファーディナンドから「怪物のようだ」とも評された。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たフレドリック・ユングベリ

    また、アーセン・ベンゲルは「パク・チソンはフレドリック・ユングベリのような選手だが、ゴールも決めることができる」と評した。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たハビエル・エルナンデス・バルカサール

    2010-11シーズンはアーセナルとの首位決戦で決勝点を奪い、この試合を機にチームはアーセナルを抜き首位に浮上。UEFAチャンピオンズリーグの準々決勝チェルシーとのセカンドレグでも決勝点を奪い、チームを決勝に導いた。同年、本拠地オールド・トラッフォードに前年の王者で2位のチェルシーを迎えた天王山では、チチャリートへの先制アシストなどの攻守にわたる貢献で最大のライバルを下し、2010-11シーズンのプレミアリーグを制覇。これによりリヴァプールの18度の優勝回数を抜いて、マンチェスター・ユナイテッドにイングランドフットボール史上最も成功したクラブという称号をもたらしたメンバーの1人となった。UEFAチャンピオンズリーグ 2010-11でも、アジア人として初となる決勝スタメンフル出場を果たした。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たマイケル・キャリック

    チームメイトのマイケル・キャリックは朴智星について「ビッグマッチの専門家」と表現している。またリオ・ファーディナンドは「彼はビッグゲームとなるとゴールを挙げるんだ。監督はここぞという試合で彼を何度も起用しているけど、いつもその期待に応えている」と称賛している。朴の退団に際して、「チ(朴の愛称)はすごい選手で、本物のプレーヤーだ。彼はチームメートや僕たちのファンから、とても評価されていたね。本当に献身的な選手で、これまでに全くトラブルはなかった。常にチームのためにプレーしていたよ。このクラブが成功を収めた時期の一員だね」とコメントしている朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見た田中誠 (サッカー選手)

    これらの活動には韓国代表選手や日本代表選手なども協力し、第1回では松井大輔や三浦知良に加えて中田英寿や川島永嗣、第2回では2大会連続となる三浦 や宮本恒靖・田中誠らが参加した。第2回にはマンチェスター・ユナイテッドのチームメイトのリオ・ファーディナンドや北朝鮮代表の鄭大世も出場した。第3回大会には北朝鮮代表の安英学が参加し、安は自らのツイッターで試合への参加を報告した。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たアーセン・ベンゲル

    また、アーセン・ベンゲルは「パク・チソンはフレドリック・ユングベリのような選手だが、ゴールも決めることができる」と評した。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見た鄭夢準

    2008年8月の北京五輪(同大会のサッカー競技)では韓国五輪代表監督の朴成華が「(27歳の)朴をオーバーエイジ枠の選手として北京五輪代表チームに招集したい」と発言。これに対し朴は大韓サッカー協会会長の鄭夢準と対談した際に「協会とチームが合意さえすれば、気持ち良く出場したい。(アテネ)五輪で成し遂げられなかった夢をかなえたい」と述べた。しかし、一方でポジション争いの激しさを背景にクラブのキャンプへの早期合流の必要性にも言及し、世論はマンチェスター・ユナイテッドで朴の置かれている立場と体力的負担を理由にクラブ早期合流を望む意見が大勢を占めた。朴がヒザの不調により2008年6月のW杯南アフリカ大会の3次予選に欠場した事で、協会は朴の北京五輪参加を断念した。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たハリー・レドナップ

    2012年7月9日、イングランド・プレミアリーグに所属するクイーンズ・パーク・レンジャーズFC(QPR)へ移籍。QPRは同シーズンで有力選手の補強を積極的に進め、朴は監督のマーク・ヒューズによってチームの主将に指名されたが、朴自身の負傷や不調もあってチームは低迷してヒューズは解任された。後任監督のハリー・レドナップによって主将から外された朴は不振を払拭できず、QPRは翌シーズンから2部相当のフットボールリーグ・チャンピオンシップ降格が決まった。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見た木村文治

    大学在学中の2000年6月、その才能を早期にプロで開花させるべきと考えた前出の金煕泰明知大監督は、旧知の間柄である当時の京都パープルサンガ・木村文治総監督に相談した結果、京都への加入が実現し、日本でプロデビューすることとなった。この際、明知大にはサッカー部発展基金という名目で1億ウォンが京都から支払われた。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見た慎武宏

    朴は2007年に『信じるチカラ パク・チソン自伝』を在日コリアンライターの慎武宏の構成・監訳で出版したが、その中で朴の性格は「謙虚、寡黙、自己主張しない。海外サッカーにおいては埋没しかねない典型的なタイプ」と評されている。普段は穏やかな青年であるが、ピッチの上では非常に自己主張の強い選手だと知られている。朴智星 フレッシュアイペディアより)

110件中 21 - 30件表示

「朴智星」のニューストピックワード