110件中 81 - 90件表示
  • 朴智星

    朴智星から見た大韓民国

    朴 智星(パク・チソン、、1981年2月25日 - )は、韓国出身の元サッカー選手。元韓国代表。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見た慈善活動

    朴は他の多くのスポーツ選手と同様に慈善活動(チャリティー)にも積極的に参加している。2011年2月には自らが理事長となる「JSファウンデーション朴智星財団」を設立し、「韓国サッカーの世界化」と「サッカーを通じた幸せの共有」のためにサッカー少年への奨学金支援やチャリティー募金の実施を掲げた。以後、2011年6月15日にはベトナムで「第1回斗山アジアン・ドリーム・カップ」を行い、同国でのサッカー普及のための寄付金をベトナムサッカー連盟へ贈った。続く第2回の「アジアン・ドリーム・カップ」は2012年5月23日にタイ・バンコクで開催して、前年の洪水で被災したタイの子ども達に寄付金が贈られた。第3回大会は「三星火災アジアン・ドリーム・カップ」として2013年6月23日に中華人民共和国・上海市の上海虹口足球場で開催された。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見た日本語

    1シーズン目から中盤の控えとして出場機会があったが、京都がJ2に降格した2シーズン目から、その活躍ぶりは顕著になる。主にボランチのポジションで38試合に出場、3得点を挙げ、メキメキと頭角を現しだし京都のJ1昇格に貢献。J1昇格後はウィングにコンバートされ松井大輔、黒部光昭と3トップを形成した。2001年にJ2に降格したが残留し、韓国代表に招集されてもできる限り断ってチームに残るなど、献身的な姿を見せている。怪我を押して出場した第82回天皇杯の決勝でも同点ゴールを決め逆転優勝に貢献。同時に韓国A代表でも徐々にレギュラーとしての地位を確立する。在籍中は大阪経済法科大学に在学し、日本語を流暢に話せるようになるまで学ぶなど、日本に溶け込む努力も見せた。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たベトナムサッカー連盟

    朴は他の多くのスポーツ選手と同様に慈善活動(チャリティー)にも積極的に参加している。2011年2月には自らが理事長となる「JSファウンデーション朴智星財団」を設立し、「韓国サッカーの世界化」と「サッカーを通じた幸せの共有」のためにサッカー少年への奨学金支援やチャリティー募金の実施を掲げた。以後、2011年6月15日にはベトナムで「第1回斗山アジアン・ドリーム・カップ」を行い、同国でのサッカー普及のための寄付金をベトナムサッカー連盟へ贈った。続く第2回の「アジアン・ドリーム・カップ」は2012年5月23日にタイ・バンコクで開催して、前年の洪水で被災したタイの子ども達に寄付金が贈られた。第3回大会は「三星火災アジアン・ドリーム・カップ」として2013年6月23日に中華人民共和国・上海市の上海虹口足球場で開催された。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見た水原市

    全羅南道高興郡で生まれ、水原市で育った。小学4年時にサッカーを始めたものの、韓国サッカーでは全くの無名選手で、朴自身も「高校時代はKリーグのドラフトにかかりませんでした」と回想している。水原工業高校では全国優勝した。ドラフトにかからなかった理由として、当時の指導者は体の小ささを挙げている。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見た第82回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    1シーズン目から中盤の控えとして出場機会があったが、京都がJ2に降格した2シーズン目から、その活躍ぶりは顕著になる。主にボランチのポジションで38試合に出場、3得点を挙げ、メキメキと頭角を現しだし京都のJ1昇格に貢献。J1昇格後はウィングにコンバートされ松井大輔、黒部光昭と3トップを形成した。2001年にJ2に降格したが残留し、韓国代表に招集されてもできる限り断ってチームに残るなど、献身的な姿を見せている。怪我を押して出場した第82回天皇杯の決勝でも同点ゴールを決め逆転優勝に貢献。同時に韓国A代表でも徐々にレギュラーとしての地位を確立する。在籍中は大阪経済法科大学に在学し、日本語を流暢に話せるようになるまで学ぶなど、日本に溶け込む努力も見せた。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たセリエA (サッカー)

    しかし、オランダでの3年間で2度のリーグ制覇を経験。特に3年目のシーズンは中心選手としてチームを牽引した。UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05の準決勝でセリエA・ACミランと対決し、ミランのホーム、サン・シーロで行われた第1試合では、再三にわたりミランのDF陣を切り裂き、賞賛された。PSVのホームに戻った第2試合では、鮮やかな先制ゴールを奪い、ミランに対しリードを奪うが、終了間際にマッシモ・アンブロジーニにゴールを決められ、アウェーゴール数の差により決勝進出はならなかった。この活躍により、UEFAが発表した2005年のポジション別MVPのFW部門でアンドリー・シェフチェンコ、アドリアーノ・レイテ・リベイロ、サミュエル・エトオとロナウジーニョと共にMVP候補に選ばれた。また、同年のリーグ優勝決定試合でも貴重なゴールを決めた。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たフットボールリーグ・チャンピオンシップ

    2012年7月9日、イングランド・プレミアリーグに所属するクイーンズ・パーク・レンジャーズFC(QPR)へ移籍。QPRは同シーズンで有力選手の補強を積極的に進め、朴は監督のマーク・ヒューズによってチームの主将に指名されたが、朴自身の負傷や不調もあってチームは低迷してヒューズは解任された。後任監督のハリー・レドナップによって主将から外された朴は不振を払拭できず、QPRは翌シーズンから2部相当のフットボールリーグ・チャンピオンシップ降格が決まった。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たウイング (サッカー)

    朴は中盤すべてのポジションとセカンドトップ、ウイングをこなせるユーティリティープレーヤーである。中盤を超えてあらゆるところでプレーすることができ、卓越したフィットネスレベル、規律、勤勉さ、オフ・ザ・ボールの動きが注目されている。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たUEFAチャンピオンズリーグ 2008-09

    2008-09シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ 2008-09の準決勝アーセナル戦で先制ゴールを奪いチームを決勝へと導き、CL決勝の舞台にアジア人プレイヤーとして初めてピッチに立った。2009-10シーズンはまたもやアーセナル相手にゴールを奪い、エミレーツ・スタジアムでのリーグ戦でユナイテッドに初の勝利をもたらすと、この年のCL決勝トーナメント1回戦ではACミランからゴールを奪いチームをベスト8に導いた。またミランの司令塔アンドレア・ピルロを完璧に封じた。リオ・ファーディナンドはEURO2012のイングランド対イタリア戦におけるピルロの活躍に触れた際、この試合に言及して「朴智星は当時、最高のマンツーマン守備を見せた」とし「ピルロは眠りながらも朴智星を見たはずだ」と述べている。更にこの年にはリヴァプールとのナショナルダービーで決勝点となるダイビングヘッドを決めリオ・ファーディナンドから「怪物のようだ」とも評された。朴智星 フレッシュアイペディアより)

110件中 81 - 90件表示

「朴智星」のニューストピックワード