前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
363件中 1 - 10件表示
  • 村上春樹

    村上春樹から見た夏目漱石

    福田和也は、『作家の値うち』(飛鳥新社、2000年)の中で村上を夏目漱石以降で最も重要な作家と位置づけた。『ねじまき鳥クロニクル』に現役作家の最高得点を与えた『「内なる近代」の超克』でも称賛している。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た諏訪哲史

    諏訪哲史は、同じ小説家の立場からハルキストを自認している。村上作品はすでに普遍的な「世界文学になっている」と賞讃しつつも、顕著さが強まる近年の「スマートな神秘主義はやや不安材料」であると述べる。また、「心の闇は、本当は言葉とか所作とか『表面』にだけ現れることであって、精神世界とか宗教とかに行くと、それは現代では怪しげな『オカルト』になってしまう。僕は、『慎重な世代』の人間として(諏訪哲史は1969年生まれ)、春樹さんが小細工のないリアリズムで書く方を好む。」と発言している。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見たレイモンド・チャンドラー

    デビュー以来、翻訳も精力的に行い、スコット・フィッツジェラルド、レイモンド・カーヴァー、トルーマン・カポーティ、レイモンド・チャンドラーほか多数の作家の作品を訳している。また、随筆・紀行文・ノンフィクション等も出版している。後述するが、ビートルズやウィルコといった音楽を愛聴し自身の作品にモチーフとして取り入れるなどしている。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た新潮社

    連続対談 河合隼雄x村上春樹 京都での対話(上)(下) 臨床心理学者と作家が語り合った2日間 フォーサイト(新潮社) 2003年10月号 第14巻第10号通巻163号 52-57頁、2003年11月号 第14巻第11号通巻164号 52-58頁村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見たアルク

    英米文学翻訳家、元東京大学教授(1954年7月11日 - )。村上がジョン・アーヴィングの『熊を放つ』(中央公論社、1986年5月)を翻訳した際、柴田が訳文を「細かくチェック」したことから交流が生まれた。村上が柴田の授業に参加したり(『翻訳夜話』、『翻訳教室』)、積極的にインタビューや対談に応じたり(『ナイン・インタビューズ 柴田元幸と9人の作家たち』、『代表質問 16のインタビュー』、『村上春樹 翻訳 (ほとんど) 全仕事』)と、二人の親交は篤い。早川書房から出ているレイモンド・チャンドラーの作品を除いて、村上の主たる翻訳のチェックを行っている。また、CDブック『村上春樹ハイブ・リット』(アルク、2008年11月)の総合監修も行った。「村上朝日堂ホームページ」において、読者からの英文法に関する質問に対して村上の代わりに答えたこともある(同ホームページ、読者&村上春樹フォーラム39、2006年4月17日)。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た柴田元幸

    日本国外でも人気が高く、柴田元幸は村上を現代アメリカでも大きな影響力をもつ作家の一人と評している。2006年、フランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて受賞し、以後日本の作家の中でノーベル文学賞の最有力候補と見なされている。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た菊地凛子

    ノルウェイの森 - 出演:松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、監督:トラン・アン・ユン(2010年)村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た水原希子

    ノルウェイの森 - 出演:松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、監督:トラン・アン・ユン(2010年)村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た松山ケンイチ

    ノルウェイの森 - 出演:松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、監督:トラン・アン・ユン(2010年)村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見たイッセー尾形

    トニー滝谷 - 出演:イッセー尾形、宮沢りえ、監督:市川準(2004年)村上春樹 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
363件中 1 - 10件表示

「村上春樹」のニューストピックワード