363件中 111 - 120件表示
  • 村上春樹

    村上春樹から見た加藤典洋

    加藤典洋は、短編小説集『女のいない男たち』の収録作品に関して、「停滞しており、凡庸」「全体の記述が少々軽薄」「楽しめるのは残りの『シェエラザード』と『木野』くらい」といった意見を述べている。しかし『村上春樹論集 1-2』(若草書房、2006年)、『イエローページ村上春樹』(荒地出版社、1996年)、『イエローページ村上春樹 Part 2』(荒地出版社、2004年)、『村上春樹の短編を英語で読む 1979〜2011』(講談社、2011年)など多数の評論を出版しており、村上を高く評価する人物の一人である。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た佐野眞一

    佐野眞一は、『アンダーグラウンド』の書評で、「私は村上はノンフィクションというものをほとんどわかってないなあ、と思わざるを得なかった」と述べている。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見たフィリップ・ガブリエル

    日本文学研究者、翻訳家(1941年 - )。村上の作品の主たる英訳者、アルフレッド・バーンバウム、ジェイ・ルービン、フィリップ・ガブリエルの3人のうちで、個人的にもとりわけ交流が深いのがルービンである。『ねじまき鳥クロニクル』の翻訳を、同作品がまだ『新潮』に連載中のときに村上本人から依頼を受けて行う。これまでに長編小説を4編(『1Q84』はBOOK1とBOOK2のみ)、短編小説を24編訳している。また2009年2月にイスラエルで行われたエルサレム賞授賞式の英文スピーチの英訳も行った。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見たデーブ・ヒルトン (野球)

    1978年4月1日、明治神宮野球場でプロ野球開幕戦、ヤクルト×広島を外野席の芝生に寝そべり、ビールを飲みながら観戦中に小説を書くことを思い立つ。それは1回裏、ヤクルトの先頭打者のデイブ・ヒルトンが左中間に二塁打を打った瞬間のことだったという。それからはジャズ喫茶を経営する傍ら、毎晩キッチンテーブルで書き続けた。1979年4月、『群像』に応募した『風の歌を聴け』が第22回群像新人文学賞を受賞。同作品は『群像』1979年6月号に掲載され、作家デビューを果たす。カート・ヴォネガット、リチャード・ブローティガンらのアメリカ文学の影響を受けた清新な文体で注目を集める。同年、『風の歌を聴け』が第81回芥川龍之介賞および第1回野間文芸新人賞候補、翌年『1973年のピンボール』で第83回芥川龍之介賞および第2回野間文芸新人賞候補となる。1981年、専業作家となることを決意し、店を人に譲る。同年5月、初の翻訳書『マイ・ロスト・シティー フィッツジェラルド作品集』を刊行。翌年、本格長編小説『羊をめぐる冒険』を発表し、第4回野間文芸新人賞を受賞。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た市川準

    トニー滝谷 - 出演:イッセー尾形、宮沢りえ、監督:市川準(2004年)村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た渡部直己

    渡部直己は、村上の語りを「黙説法」と呼び、その作品が自己愛の現れに過ぎないものと論じた。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見たエルビン・ジョーンズ

    平易で親しみやすい文章は村上がデビュー当時から意識して行ったことであり、村上によれば「敷居の低さ」で「心に訴えかける」文章は、アメリカ作家のブローティガンとヴォネガットからの影響だという。「文章はリズムがいちばん大事」とは村上がよく話す言葉だが、そう思うに至った理由を次のように説明している。「何しろ七年ほど朝から晩までジャズの店をやってましたからね、頭のなかにはずっとエルヴィン・ジョーンズのハイハットが鳴ってるんですよね。」村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た莫言

    豊崎由美は、「ノーベル文学賞の発表の時期になると、みな口を揃えて『村上春樹』『村上春樹』と言うけど、ちゃんちゃらおかしい。春樹の前に、中国の莫言や残雪でしょう」と述べている。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た印南高一

    大学在学中の1974年、国分寺駅南口にあるビルの地下でジャズ喫茶「ピーター・キャット」を開店(場所は殿ヶ谷戸庭園のすぐ近く)。店名は以前飼っていた猫の名前から採られた。夜間はジャズバーとなり、週末は生演奏を行った。1975年、7年間在学した早稲田大学を卒業。卒業論文は「アメリカ映画における旅の系譜」でアメリカン・ニューシネマと『イージー・ライダー』を論じた。指導教授は印南高一(印南喬)。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た四方田犬彦

    - 責任表示:柴田元幸・沼野充義・藤井省三・四方田犬彦 編。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

363件中 111 - 120件表示

「村上春樹」のニューストピックワード