363件中 121 - 130件表示
  • 村上春樹

    村上春樹から見た小森陽一 (国文学者)

    小森陽一は、『海辺のカフカ』を『アンダーグラウンド』からの「転向」とみなし、「(注・村上の)自己正当化をはかる意図を、文芸評論家としての私は批判しなければならないのです」と述べている。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た中条省平

    中条省平は、『キャッチャー・イン・ザ・ライ』の書評で主人公であるホールデンの口調は、野崎孝訳では"べらんめえ口調"の"やんちゃ坊主"であるのに対し、村上訳は"山の手言葉"の"引っ込み思案の少年"という印象だと述べている。また沼野充義は、野崎訳は村上が訳した時点で約40年が経過しているが古びておらず、村上訳は村上自身の文体で主人公を造形したという印象を持ったと述べている。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た吉行淳之介

    好きな日本の小説家は夏目漱石、吉行淳之介で、川端康成はそれほど好きではない、という。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た金井美恵子

    金井美恵子は、円地文子を論じた文章の中で、「円地の小説を読了するため息の出るような困難さは、私にとって、村上春樹のポルノまがいの幼稚な青春小説を読む困難と疲労感に似ていた」と述べている。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た小川高義

    Sudden Fiction 超短編小説70(1994年1月 文春文庫、共訳:小川高義村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見たゴリラズ

    中学生の頃からジャズ・レコードの収集をしており、膨大な量のレコードを所有している(1997年当時で3000枚)。音楽はジャズ、クラシック、ロックなどを好んで聴く。エルヴィス・プレスリーやビートルズ、ザ・ビーチ・ボーイズ、ドアーズをはじめとする古いロックはもちろん、レディオヘッド、オアシス、ベックなどの現代ロックを聴き、最近ではコールドプレイやゴリラズ、スガシカオのファンを公言している。常に何か新しいものに向かう精神が大事なのだという。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た島田雅彦

    島田雅彦は、「村上氏の作品は濃厚な米国や西側社会への憧れがあるが、日本社会は今ではそれほど米国を崇めていない。そのため彼の作品は少し時代遅れの感がある」という見解を述べている。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た竹島問題

    同年9月28日、『朝日新聞』朝刊にエッセイ「魂の行き来する道筋」を寄稿した。その中で、日中間の尖閣諸島問題や日韓間の竹島問題によって東アジアの文化交流が破壊される事態を心配して、「領土問題が「感情」に踏み込むと、危険な状況を出現させることになる。それは安酒の酔いに似ている。安酒はほんの数杯で人を酔っ払わせ、頭に血を上らせる。」「しかし賑やかに騒いだあと、夜が明けてみれば、あとに残るのはいやな頭痛だけだ。」「安酒の酔いはいつか覚める。しかし魂が行き来する道筋を塞いではしまってはならない。」と警告した。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た東京箱根間往復大学駅伝競走

    2012年1月2日、1月3日に放送された箱根駅伝のTVコマーシャルのナレーションを執筆した。制作はサッポロビール。監督は是枝裕和。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た住職

    1949年、京都府京都市伏見区に出生する。父が甲陽学院中学校の教師として赴任したため、まもなく兵庫県西宮市の夙川に転居。父は京都府長岡京市粟生の浄土宗西山派光明寺住職の息子、母は大阪・船場の商家の娘という生粋の関西人で、「当然のことながら関西弁を使って暮らしてきた」。また両親ともに国語教師であり、本好きの親の影響を受け読書家に育つ。西宮市立浜脇小学校入学、西宮市立香櫨園小学校卒業。芦屋市立精道中学校から兵庫県立神戸高等学校に進む。両親が日本文学について話すのにうんざりし、欧米翻訳文学に傾倒、親が購読していた河出書房の『世界文学全集』と中央公論社の『世界の文学』を一冊一冊読み上げながら10代を過ごした。また中学時代から中央公論社の全集『世界の歴史』を繰り返し読む。神戸高校では新聞委員会に所属した。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

363件中 121 - 130件表示

「村上春樹」のニューストピックワード