村松有人 ニュース&Wiki etc.

村松 有人(むらまつ ありひと、1972年12月12日 - )は、石川県金沢市出身の元プロ野球選手(外野手、左投左打)、コーチ。2017年からは福岡ソフトバンクホークスの一軍外野守備走塁コーチ(三塁ベースコーチ)を務めている。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「村松有人」のつながり調べ

  • 肉体的援助

    肉体的援助から見た村松有人

    2017年5月19日、埼玉西武ライオンズ対福岡ソフトバンクホークス戦(メットライフドーム) - 4回表ソフトバンクの攻撃、二死二塁の場面。打者の中村晃がライト前ヒットを放った際、二塁走者アルフレド・デスパイネは三塁を蹴って一気に本塁に向かおうとしたが、三塁コーチの村松有人はストップの指示を出す。そして村松は走ってくるデスパイネをよけようとしたが、結果的に三塁線上で2人は接触してしまった。この際の村松の行為が肉体的援助と判断され、デスパイネにアウトが宣告された。(肉体的援助 フレッシュアイペディアより)

  • 大村直之

    大村直之から見た村松有人

    は開幕から足の故障で出遅れ、その後の回復も万全ではなく、指名打者や代打としての起用が多かった。試合終盤には戦況に関わらず代走や守備要員を送られることも多くなった。打順も2番や9番まで流動的で、6年ぶりに右翼手として出場することもあった。同年10月31日に、村松有人との交換トレードでオリックス・バファローズへ移籍。(交換相手となった村松は元ダイエー(現・ソフトバンク)所属選手で、「互いにFA移籍時の古巣球団(移籍元の球団)へのトレード」とも報道されたが、オリックス・バファローズの球団史においてはオリックス・ブルーウェーブが直系前身球団とされており、大阪近鉄バファローズは傍系前身球団という扱いとなっているため、大村に関しては正確には古巣球団へのトレードではないことになる)(大村直之 フレッシュアイペディアより)

「村松有人」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「村松有人」のニューストピックワード