東尾修 ニュース&Wiki etc.

東尾 修(ひがしお おさむ、1950年5月18日 - )は、和歌山県出身の元プロ野球選手(投手)、監督、野球解説者。日本プロ野球名球会理事。タレント。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「東尾修」のつながり調べ

  • ストッパー毒島

    ストッパー毒島から見た東尾修

    兵庫吹石高校時代は地区予選止まりで甲子園には出場できなかったが、「兵庫のドクターK」と呼ばれ、知る人ぞ知る存在だった。高校を中退し駒沢フィールド職員を経てプロ入り。抜群のコントロールと切れのあるスライダーが武器で、鋭い牽制など冷静なマウンド捌きも持ち味。プロ入り後にチックくんの勧めでサイドスローへとフォーム改造する。1997年シーズンの序盤は主に先発を務め、中盤に毒島が不調で二軍落ちしてから終盤までは抑えを任され、優勝を懸けた最終盤では中継ぎで連投と、チームの苦しい投手事情の中でフル回転する。東尾修を尊敬しており、彼の現役時代と同じ背番号21を背負う。当初は清水が付ける予定だったが、「約束が違う」と斉木がごねたため、清水があっさりと譲った。(ストッパー毒島 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本プロ野球

    2010年の日本プロ野球から見た東尾修

    1月12日 - 野球殿堂入りが発表され、元西武ライオンズの東尾修と、元ロッテオリオンズ、中日ドラゴンズの江藤慎一と、元立教大学、熊谷組の古田昌幸を選出。中日の監督の落合博満は史上初めて2年連続で1票差で落選(2010年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

「東尾修」のニューストピックワード