前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
371件中 1 - 10件表示
  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た近畿日本鉄道

    東京都・埼玉県・千葉県・栃木県・群馬県の1都4県に、総営業キロ数463.3kmに及ぶ鉄道路線を有する大手私鉄である。営業キロ数は、2010年現在JRをのぞく日本の鉄道では近畿日本鉄道(508.1km、第三種鉄道事業区間を含めると582.2km)に次いで第2位、関東地方では最長である。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た東武伊勢崎線

    路線は、伊勢崎線(東武スカイツリーライン)・日光線や野田線(東武アーバンパークライン)を軸とした「本線」と、東上本線・越生線からなる「東上線」の2つの路線群に分けられる。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た東武東上本線

    路線は、伊勢崎線(東武スカイツリーライン)・日光線や野田線(東武アーバンパークライン)を軸とした「本線」と、東上本線・越生線からなる「東上線」の2つの路線群に分けられる。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た秩父鉄道

    現在の東武鉄道の路線は、大きく本線(伊勢崎線・日光線・野田線ほか)と東上線(東上本線・越生線)とに二分できる。なお、両線の間は自社線では結ばれていないが、車両の転属および東上線車両の南栗橋工場入出場は、秩父鉄道(寄居 - 羽生間)を利用して行われている。回送時には、秩父ATS搭載の8000系電車(森林公園検修区→南栗橋車両管区所属の8506F)が先頭に連結される。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た東日本旅客鉄道

    3月18日:日光線と東日本旅客鉄道(JR東日本)宇都宮線(東北本線)と相互直通運転する特急「日光」・「きぬがわ」・「スペーシアきぬがわ」を新設。大手私鉄で唯一残存していた東武本線における有料の「急行」が「特急」に統合。「区間快速」を新設。「通勤準急」を「急行」に、「準急」を「区間急行」に種別名を変更。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た京浜急行電鉄

    東武鉄道の乗り入れ会社数は6社(東京地下鉄・野岩鉄道・会津鉄道・東京急行電鉄・横浜高速鉄道・JR東日本)で、東京地下鉄の7社(東武・東京急行電鉄・JR東日本・西武鉄道・小田急電鉄・東葉高速鉄道・埼玉高速鉄道)に次ぐ第2位である(ただしJR各社をのぞく)。これは都営地下鉄(京成電鉄・北総鉄道・芝山鉄道・京浜急行電鉄・東京急行電鉄・京王電鉄)、東京急行電鉄(東武・西武鉄道・東京地下鉄・都営地下鉄・横浜高速鉄道・埼玉高速鉄道)と並ぶ。東京急行電鉄・横浜高速鉄道とは東京地下鉄を、そして会津鉄道とは野岩鉄道を介しての乗り入れとなる。また、JR東日本は特急列車のみの乗り入れとなっている。1992年までは秩父鉄道にも定期列車が乗り入れていたが、現在は伊勢崎線と東上線間の車両の回送のみである。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た松屋 (百貨店)

    浅草駅の駅ビルに松屋入店。これは1920年(大正9年)11月1日 阪神急行電鉄(現:阪急電鉄)の梅田駅に開店した白木屋、1928年(昭和3年)12月18日池上電気鉄道(現:東急池上線)の五反田駅の白木屋に続き日本全国で3番目のターミナルデパートとなる。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た東京地下鉄

    5月25日:浅草雷門駅(現・浅草駅)に乗り入れ。根津の支援を受けて早川徳次が1925年に開業させていた東京地下鉄道(帝都高速度交通営団→東京地下鉄〈東京メトロ〉の前身)の銀座線と接続。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た名古屋鉄道

    4月1日:名古屋鉄道の一部路線廃止により同社の路線総延長が東武鉄道を下回ったため、路線総延長がJR以外の私鉄第2位となる。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東武鉄道

    東武鉄道から見た根津嘉一郎 (2代目)

    1941年(昭和16年)7月:根津嘉一郎(初代)の逝去を受け、根津嘉一郎(2代目)が第2代東武鉄道社長に就任。1994年(平成6年)6月まで社長職を続け、東京証券取引所上場企業の中では、史上最長期間(52年12か月)の社長職を務める。東武鉄道 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
371件中 1 - 10件表示

「東武鉄道」のニューストピックワード