192件中 101 - 110件表示
  • 松本人志

    松本人志から見たさや侍

    さや侍(2011年) ? 監督、脚本兼任松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見たR-1ぐらんぷり

    2004年から『人志松本のすべらない話』(通称:すべらない話)のホスト及び企画、2009年からは大喜利の祭典『IPPON グランプリ』の大会チェアマンとして出演し(いずれもフジテレビ制作)、あまり知名度の無いお笑い芸人の才能の発掘や若手芸人の育成にあたる役割も担っている。『すべらない話』では、関西での活動を中心としていた小籔千豊や、矢野・兵動の兵動大樹がMVSを受賞し全国区へとブレークするきっかけを作り、『IPPON グランプリ』では、『R-1ぐらんぷり』『爆笑レッドカーペット』等をきっかけにブレイクしたバカリズムの大喜利能力の圧倒的な高さを発掘した。松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見た人志松本の○○な話

    人志松本の○○な話(2009年 - 2012年、フジテレビ)松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見たカンヌ国際映画祭

    2001年10月4日より、ラジオ番組『放送室』を高須光聖と共に開始し、2009年3月28日の番組終了まで約7年半に渡り放送。2007年、企画、脚本、監督、出演の四役を務めた映画『大日本人』を発表し映画監督デビュー。日本での公開に先立ってカンヌ国際映画祭の「監督週間」に招待された。これに伴い、2008年の東京スポーツ新聞社主催・「第8回ビートたけしのエンターテインメント賞」で話題賞を受賞。松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見た爆笑レッドカーペット

    2004年から『人志松本のすべらない話』(通称:すべらない話)のホスト及び企画、2009年からは大喜利の祭典『IPPON グランプリ』の大会チェアマンとして出演し(いずれもフジテレビ制作)、あまり知名度の無いお笑い芸人の才能の発掘や若手芸人の育成にあたる役割も担っている。『すべらない話』では、関西での活動を中心としていた小籔千豊や、矢野・兵動の兵動大樹がMVSを受賞し全国区へとブレークするきっかけを作り、『IPPON グランプリ』では、『R-1ぐらんぷり』『爆笑レッドカーペット』等をきっかけにブレイクしたバカリズムの大喜利能力の圧倒的な高さを発掘した。松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見たAmazonプライム・ビデオ

    HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル(Amazonプライム・ビデオ、2016年 - ):参加費100万円で優勝者がその総額1000万円を総取り出来るという、笑わせ合いサバイバルゲーム。「千原ジュニア40歳LIVE」(2014年)でこの企画の原案を話していた。タイトルは「ドキュメンタリー+メンタル」から。Amazonランキング大賞2017年上半期Amazonプライム・ビデオ部門でシーズン1が1位、シーズン2が3位を獲得。松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見た2009年

    江崎グリコ クラッツ(2009年)※映画「しんぼる」の宣伝を兼ねての出演。松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見た福岡放送

    福岡人志、 松本×黒瀬アドリブドライブ(2015年 - 、福岡放送/福岡ローカル)松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見たNHK総合テレビジョン

    2010年6月、左股関節に股関節唇損傷を患い、股関節の手術を受けるため1 - 2ヶ月程度の休養を発表した。その後、8月18日収録の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』で仕事復帰。同年10月15日にNHK総合でテレビでは実質的に9年振りとなるコント番組『松本人志のコント MHK』が放送、翌10月16日に同局のドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』で「松本人志スペシャル」が放送された。松本人志 フレッシュアイペディアより)

  • 松本人志

    松本人志から見たTOKYO FM出版

    『放送室』(2003年7月、TOKYO FM出版)ISBN 978-4887450837松本人志 フレッシュアイペディアより)

192件中 101 - 110件表示

「松本人志」のニューストピックワード