柳家喬太郎 ニュース&Wiki etc.

柳家 喬太郎(やなぎや きょうたろう、1963年〈昭和38年〉11月30日 - )は、東京都世田谷区出身の落語家。社団法人落語協会所属。本名は小原 正也(こはら まさや)。日本大学商学部経営学科卒業。出囃子は「まかしょ」。紋は「丸に三つ柏」。通称「キョンキョン」(自称)。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「柳家喬太郎」のつながり調べ

  • 山下達郎

    山下達郎から見た柳家喬太郎

    芸事好きだった叔父の影響もあり、子どもの頃からの落語好き。特に古今亭志ん生が当時からのお気に入りで、演目のさわりを物まねできるほどに聴きこんでいる。お気に入りは春風亭昇太、柳家喬太郎を挙げ「(最近の落語家では)新作落語の人だね。古典は好きだけど、若手の古典は面白くないし、この歳になったらもう、録音で残っている(名人上手の)ものだけで十分です」とも答えている。(山下達郎 フレッシュアイペディアより)

  • 桂米團治 (5代目)

    桂米團治 (5代目)から見た柳家喬太郎

    2007年からは2年に渡り「小米朝十番勝負」と題し、大阪・心斎橋のそごう劇場にて落語会を開催した。米團治は普段演じないネタを2席演じ、毎回異なるゲストを招いた。出演者は立川志の輔、立川談春、柳家花緑、柳家喬太郎、9代目林家正蔵、林家たい平、春風亭小朝、春風亭昇太、桂文珍、笑福亭鶴瓶。イベントのプロデューサーは澤田隆治が務めた。(桂米團治 (5代目) フレッシュアイペディアより)

「柳家喬太郎」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「柳家喬太郎」のニューストピックワード