栃乃洋泰一 ニュース&Wiki etc.

栃乃洋泰一(とちのなだ たいいち、1974年2月26日 - )は、石川県七尾市出身で春日野部屋に所属した元大相撲力士。本名は後藤 泰一(ごとう たいいち)、愛称はタイチ。現役時代は身長187cm、体重165kg、血液型はO型。趣味は「読書」。得意手は左四つ、寄り、下手投げ、掬い投げ、突き落とし。最高位は東関脇(2001年… (出典:Wikipedia)

「栃乃洋泰一」最新ニュース

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「栃乃洋泰一」のつながり調べ

  • 聡ノ富士久志

    聡ノ富士久志から見た栃乃洋泰一

    前橋商業高校時代は柔道部の所属で、柔道の有段者である。安治川部屋の群馬後援会関係者から大相撲へスカウトが来たため、自分の力を試そうと安治川部屋に入門、1996年1月場所で初土俵を踏んだ。四股名は部屋の名前から1字とった安聡富士。同期入門者の中には栃乃洋(現竹縄)、海鵬、燁司、芳東、増健らがいる。(聡ノ富士久志 フレッシュアイペディアより)

  • 布施美樹

    布施美樹から見た栃乃洋泰一

    高校時代は北海道大会2年連続個人優勝、3年次にインターハイにてベスト8入りを果たす。全国大会では対馬竜太(元幕内岩木山竜太、現関ノ戸親方)や坂本正博(時津海正博、現時津風親方)、熊谷涼至(元関取海鵬涼至、元谷川親方)などと対戦経験があり、対馬選手には勝利している。同じくこの年に『NHKのど自慢』に出場し合格している。大学時代は岡部光国(元十両 玉ノ国)・新(元幕内、玉乃島)兄弟や斉藤直飛人(元幕内、追風海)らと対戦している。個人での実績はないが、3年次からレギュラーとして全国大会へ出場。4年次に主将を務めた。一学年上の先輩には平成24年1月場所を持って引退し竹縄親方となった元関脇の栃乃洋泰一(後藤泰一)がいた。(布施美樹 フレッシュアイペディアより)

「栃乃洋泰一」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「栃乃洋泰一」のニューストピックワード