473件中 101 - 110件表示
  • 取締役会設置会社

    取締役会設置会社から見た株主総会株主総会

    取締役会設置会社の定めの新設は定款変更であるから、株主総会の特別決議によらなければならない(309条2項11号・466条)。また、代表取締役の選定は取締役会において、議決に加わることのできる取締役の過半数(定款で加重可)が出席し、その過半数(定款で加重可)をもって行う(369条1項・362条3項)。取締役会設置会社 フレッシュアイペディアより)

  • ライブドアファイナンス

    ライブドアファイナンスから見た株主総会株主総会

    ライブドアのポータルサイトで、株や為替などの金融情報を提供していたが、2006年11月17日の株主総会で解散を決議、12月15日をもってサービスを終了した。ライブドアファイナンス フレッシュアイペディアより)

  • ユニヘアー

    ユニヘアーから見た株主総会株主総会

    2008年5月29日の定時株主総会において、会社提案の取締役9名の選任に関する第2号議案について、再任の7名については否決され、新任の社外取締役2名についてのみ可決された。これは、現経営陣の姿勢に反対する大株主のスティール・パートナーズに賛同する株主が多数現れたためである。この結果、取締役の数が取締役会設置会社としては法定の3名を下回ることになったため、同年8月9日の臨時株主総会で新たに7名追加選任されるまで、会社法346条1項の規定により、従来の取締役が取締役としての権利義務を保持し続投することになった。創業家などの過半数を保有する株主が反対した場合を除いては、上場会社で会社提案の取締役選任決議案が否決されたのは日本で初めての事態であった。ユニヘアー フレッシュアイペディアより)

  • カンださん☆アイぽんの ネギまほラジお

    カンださん☆アイぽんの ネギまほラジおから見た株主総会株主総会

    各学期の有料会員を『株主』、会員に配布される会報を『株主会報』、公開録音のイベント名称を『株主総会』(スーツ着用推奨だった)と呼称していた。カンださん☆アイぽんの ネギまほラジお フレッシュアイペディアより)

  • 株式男

    株式男から見た株主総会株主総会

    その日の深夜、クラブでやけ酒を呷(あお)っていた主人公はつい社長令嬢との結婚話を漏らしてしまい、それが元で株主総会の最中にインサイダー取引の容疑で東京地方検察庁に強制連行されてしまった。株式男 フレッシュアイペディアより)

  • 定時株主総会

    定時株主総会から見た株主総会株主総会

    定時株主総会 フレッシュアイペディアより)

  • 一澤帆布工業

    一澤帆布工業から見た株主総会株主総会

    信三郎は、「第2の遺言書」の作成時点で信夫は既に脳梗塞のために要介護状態で書くのが困難だったこと、「第1の遺言書」が巻紙に毛筆で書いて実印を捺印しているのに対して、「第2の遺言書」が便箋にボールペンで書かれていること(ただし、法律上は用紙・筆記具は何でもよい)、捺印している印鑑が「一澤」ではなく信太郎の登記上の名字「一沢」になっていることから、当時社長だった三男・信三郎は信太郎が保有する「第2の遺言書」は無効だと主張した。信夫の弟で、当時専務だった元社長・恒三郎も同様の疑問を投げかけている。しかし、裁判で信三郎の主張は「無効と言える十分な証拠がない」として認められず、2004年(平成16年)12月に最高裁判所で信三郎の敗訴が確定した。これを受けて、長男・信太郎と四男・喜久夫は、信太郎側の「第2の遺言書」の内容に従い、一澤帆布工業の株式約62%を取得。筆頭株主となった信太郎は、2005年(平成17年)12月16日に臨時株主総会を招集し、一澤信三郎社長(当時)と取締役全員を解任し、代わって信太郎が取締役社長となった。また、喜久夫と信太郎の娘も取締役へ就任した。一澤帆布工業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本煉瓦製造

    日本煉瓦製造から見た株主総会株主総会

    後に太平洋セメントの子会社となり、2006年、日本煉瓦製造は株主総会において自主廃業を決定、清算された。会社清算に伴い、埼玉県深谷市にあった工場の諸施設は、すでに重要文化財に指定されていた「ホフマン輪窯」「旧事務所」「旧変電所」などを含めて所有権が深谷市に移転、同市によって保存・整備されることとなった。日本煉瓦製造 フレッシュアイペディアより)

  • 富士ビルヂング

    富士ビルヂングから見た株主総会株主総会

    西側に隣接する東京會舘は1922年竣工で老朽化が進み、1970年に借地契約期間が満了することから、三菱地所は東京會舘に対し賃貸している敷地のうち半分を譲渡、半分を返地としたうえで共同でビルを建設することを提案した。3階から8階(8階の一部を除く)を三菱地所の専有として富士ビルと連絡通路で結び、空調も富士ビル側で制御する。この部分は、実質上富士ビルの増築の意味を持つ。地下4階、地下1階?地上2階、8階の一部と9階?12階、屋上は東京會舘の専有として宴会場やレストランを設け、上層階へは専用エレベーターで1階から結ぶものである。地下鉄の駅に接続する地下2・3階は共有部とする。1969年10月、東京會舘の定時株主総会においてこの建設案を承認。1970年6月に着工、竹中工務店・大林組・大成建設の共同企業体により施工され、新たな東京會舘ビルが1971年12月に完成した富士ビルヂング フレッシュアイペディアより)

  • 田路舜哉

    田路舜哉から見た株主総会株主総会

    昭和22年1月、公職追放令の範囲が拡大されて財界にも及んできたため、竹腰健造社長以下3名の役員が退任することになり、3月27日、臨時株主総会後に開かれた取締役会で田路舜哉専務を新社長に選任し、役員陣が一新された。田路舜哉は、昭和7年から6年間、中国の住友上海洋行の支配人を務めた経験があり、役員の中で唯一の商事活動経験者であった。住友全職員の中から、商社社長の最適任者として選ばれた人物であったので、竹腰健造社長辞任の後を受けて社長になることは、予定の筋書きであった。常務時代から営業部の職員に対し、「熱心な素人は玄人に勝る」と営業部員を激励しながら自由な活力を引き出すことに努力した。田路舜哉 フレッシュアイペディアより)

473件中 101 - 110件表示

「株主総会」のニューストピックワード