前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
250件中 1 - 10件表示
  • ブラック–ショールズ方程式

    ブラック–ショールズ方程式から見た配当配当

    ブラック?ショールズモデルとは、1種類の配当のない株と1種類の債券の2つが存在する証券市場のモデルである。さらに連続的な取引が可能で、市場は完全市場であることを仮定している。ブラック–ショールズ方程式 フレッシュアイペディアより)

  • 金融経済学

    金融経済学から見た配当配当

    d_{i,t+1} は t+1 時点における株式 i の配当である。そして \pi_{t+1}(s) は t+1 時点において状態 s が生起する t 時点までの情報による条件付き確率となる。また E_{t} は t 時点までの情報による条件付き期待値を表す。上述の式における株式 i に依存しないファクター m_{t+1} を t+1 時点における確率的割引ファクター()と言う。金融経済学 フレッシュアイペディアより)

  • 過少資本税制

    過少資本税制から見た配当配当

    過少資本税制(かしょうしほんぜいせい)とは、資本に係る配当と負債に係る利子との課税上の相違点を利用した租税回避を規制するための税制の一つ。まれに、過大負債税制とも呼ぶ。過少資本税制 フレッシュアイペディアより)

  • 和牛預託商法

    和牛預託商法から見た配当配当

    和牛預託商法(わぎゅうよたくしょうほう)は、和牛の飼育・繁殖事業に出資を募った上で、出資金を配当に回す自転車操業を行ったり、約束した配当を行わないという詐欺商法の一つで、現物まがい商法の一種である。和牛預託商法 フレッシュアイペディアより)

  • 有利子負債

    有利子負債から見た配当金配当

    会社の収益力や資産規模に比べて有利子負債が大きすぎれば、会社の経営は不安定になる。このため有利子負債比率が1倍を下回っていると財務が安定していると判断材料になる。また、株式会社は株主に対して適正な配当金を支払う義務があるが、会社の業績が悪い時期には、株主への配当金を支払わないことが株主から承認される場合もあるのに対して、利子は経営が苦しくても支払わなければならない。そのため、有利子負債残高は少ない方が良い。有利子負債 フレッシュアイペディアより)

  • 会社法

    会社法から見た配当配当

    剰余金の配当などの資本の部における計数の変動は、定時株主総会に限らずいずれの株主総会において原則可能である。純資産額300万円未満の株式会社については、配当などの方法による株主に対する剰余金の配当が禁止される。会社法 フレッシュアイペディアより)

  • パリミュチュエル方式

    パリミュチュエル方式から見た配当配当

    パリミュチュエル方式(パリミュチュエルほうしき、Parimutuel betting)とは、公営競技における投票券やロトなどの配当を決定する一つの方法である。パリミュチュエル方式 フレッシュアイペディアより)

  • 株主優待

    株主優待から見た配当配当

    家族名義で株式を購入して名義人数分だけ優待をもらったり、手に入れた優待券(運賃割引券、商品券など)をインターネットオークションや金券ショップで換金する者もいる。企業の想定以上に株主数が増えた結果、優待実施に係るコストが上昇し、優待内容を縮小あるいは廃止する企業が出てきている。また、株式を多く保有する外国人投資家から、株式保有量に比例した配分がなされない株主優待よりも「利益配当を優先すべき」という意見が株主総会で提出されて、廃止に踏み切った企業も存在する。株主優待 フレッシュアイペディアより)

  • 大同電力

    大同電力から見た配当配当

    業績について見ると、1920年代を通じて上昇し同年代後半にピークを迎えるが、1930年代に入ると下降し一時無配に転落。30年代中盤からは持ち直したが、このころより電力業界の再編を目指す「電力国家管理」政策の検討が本格化する。同政策は1938年(昭和13年)の電力管理法公布、そして翌1939年(昭和14年)4月の国策会社日本発送電設立という形で実行に移された。同社設立の過程で大同電力は電力設備の出資を命ぜられ、他の設備も強制買収の対象とされた上に、政府当局から残余の資産・負債についても日本発送電へ移管することを慫慂された。このことから大同電力は全社を挙げて日本発送電へと合流する道を選び、資産・負債を同社へと継承させて1939年4月に解散した。最後の社長(2代目社長)であった増田次郎は、解散により日本発送電の初代総裁に転じている。大同電力 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た配当配当

    2002年(平成14年)9月には、不採算事業の撤退による固定資産売却損などの特別損失計上により、2003年(平成15年)3月期中間配当が1948年(昭和23年)10月期(半年間)決算以来55年ぶりの無配となる事態が発生。同3月期決算においては598億円の経常損失を計上し、55年ぶりに名鉄単体での赤字決算となった。これにより2003年(平成15年)1月に、不採算が続いた文化レジャー事業とバス事業を中心としたリストラ・事業分社化を柱とした2006年(平成18年)3月期までの経営合理化策を発表し、実行に移した。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
250件中 1 - 10件表示

「株式配当金」のニューストピックワード