梅崎司 ニュース&Wiki etc.

梅崎 司(うめさき つかさ、1987年2月23日 - )は、長崎県諫早市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・湘南ベルマーレ所属。登録ポジションはミッドフィールダーで主にトップ下、左サイドでプレーする。元日本代表。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「梅崎司」のつながり調べ

  • 内田篤人

    内田篤人から見た梅崎司

    2007年にフル代表候補の合宿に初招集され、2008年1月26日のキリンチャレンジカップチリ戦でフル代表デビューした。19歳305日でのデビューはJリーグ発足後では市川大祐、小野伸二、梅崎司に次いで4番目の若さであった。同年2月6日にはJリーグ発足後10代の選手としては初めてワールドカップ・アジア3次予選グループ2第1戦タイ戦にスタメンフル出場を果たし、6月22日には同3次予選第6戦最終戦のバーレーン戦で代表初得点を決めた。2010年6月の2010 FIFAワールドカップの日本代表メンバーにも選出されたが、本大会直前に岡田武史監督が守備を重視する戦術に転換したことや体調不良により、右サイドバックのポジションを守備の評価の高い今野泰幸、今野の負傷後には攻守にバランスのある駒野友一に奪われ、本戦出場は叶わなかった。(内田篤人 フレッシュアイペディアより)

  • 小手川ヤマト

    小手川ヤマトから見た梅崎司

    小学3年生よりサッカーを親しみ、中学3年時に皇甫官(ファンボ・グァン)にスカウトされ大分トリニータユースに所属。高校1年時からレギュラーに定着し、100m11秒台の俊足を活かしてミッドフィールダー(MF)、フォワード(FW)として全国大会や国体に出場する。両利きで、ラボーナを得意としていた。高校時代には西川周作や梅崎司と共にプレーしている。高校3年時に、長谷川健太にスカウトされ浜松大学に進学するも、チームの方針に合わず僅か3ヶ月で自主退学している。(小手川ヤマト フレッシュアイペディアより)

「梅崎司」のニューストピックワード