前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示
  • 2010年の中日ドラゴンズ

    2010年の中日ドラゴンズから見た森野将彦森野将彦

    4月13日 - 森野将彦が対横浜戦でNPB史上260人目の通算100本塁打2010年の中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の日本プロ野球

    2014年の日本プロ野球から見た森野将彦森野将彦

    中日ドラゴンズの森野将彦が対広島戦(マツダ)でNPB史上181人目の通算1500試合出場2014年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た森野将彦森野将彦

    三塁手の座を森野将彦と争っていたが、その森野の故障によりシーズン前半は三塁手として先発出場をする。4月7日の対巨人戦で上原浩治からサヨナラ満塁本塁打を放つなど2年ぶりのリーグ優勝に貢献したが、シーズン中盤に森野将彦に正三塁手の座を奪われてからは先発出場から外れるようになった。優勝決定の翌々日10月12日の対阪神戦(阪神甲子園球場)で片岡篤史の引退試合では志願して先発出場を果たし、試合後に片岡の胴上げに参加した。同月16日の広島でのレギュラーシーズン最終戦では日本シリーズに備え4番右翼手で先発出場、この試合以降は後述する2009年9月30日まで守備に就いてのスタメン出場は無かった。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • トニ・ブランコ

    トニ・ブランコから見た森野将彦森野将彦

    はヘッドコーチの森繁和が「ブランコより飛ばす奴を連れてくる。競争させる」としてジョエル・グスマンとフェリックス・カラスコを獲得したため、春季キャンプでは右翼手の練習もした。また落合自身もグスマンとカラスコの状態次第ではブランコをレギュラーから外す可能性を示唆していた。結局グスマン、カラスコが不調だった為、規定打席不足でありながらレギュラーとして出場。なお、2011年まで中日ドラゴンズの監督だった落合博満はJ SPORTSにて、2012年には荒木雅博を二塁手に戻す予定で、井端弘和を三塁手、森野将彦を一塁手、ブランコは他球団に持ってかれてもいいよというところまで全て段取りはつけてあったと告白している。トニ・ブランコ フレッシュアイペディアより)

  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た森野将彦森野将彦

    11月21日 - 第2回スタッフ会議。阪神の新井貴浩、矢野輝弘の辞退、中日の岩瀬仁紀、浅尾拓也、高橋聡文、森野将彦、和田一浩の辞退、松井秀喜らが出場に所属球団の許可が必要となることなどを考慮し、新たに候補選手をリストアップし、海外組も含めた45人の候補を12月15日に発表することに。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 荒木雅博

    荒木雅博から見た森野将彦森野将彦

    シーズン前半は1番打者とされていたが打撃の調子が上がらず、すぐに2番に変えられた。2番に起用されてからは徐々に復調し持ち前の粘り強いバッティングが戻ってきた。打率.270に対して、得点圏打率は.343と、チャンスの場面での勝負強さを見せ付けた。福地寿樹と盗塁王を争っていたが、左手首を痛めて試合を欠場したこともあり、タイトル獲得はならなかった。同年限りで選手会長を退任し、森野将彦に譲った。荒木雅博 フレッシュアイペディアより)

  • 小池正晃

    小池正晃から見た森野将彦森野将彦

    実家は横浜市保土ケ谷区のお茶屋・丸秀園。1987年から横浜市立峯小学校、1993年から横浜市立宮田中学校出身。中本牧リトルシニアに所属の3年時の、全日本中学野球選手権大会 ジャイアンツカップを制覇。同リトルシニアには同期に小山良男、2年先輩に森野将彦が所属していた。1996年から3年間横浜高校に進み、新垣渚擁する沖縄水産高校を決勝で破り第28回明治神宮野球大会制覇、、松坂大輔、後藤武敏、小山良男らと共に甲子園春夏連覇達成、かながわ・ゆめ国体でも優勝。主に1番右翼手として活躍した。夏の3回戦・星稜戦では先頭打者本塁打を放った。高校通算26本塁打。同年のドラフト会議で地元球団の横浜ベイスターズから6位指名され、入団。小池正晃 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年北京オリンピックの野球競技・日本代表

    2008年北京オリンピックの野球競技・日本代表から見た森野将彦森野将彦

    選出を明言していた上原と直接電話会談するなど、最終的にアジア予選メンバーから19人を選出し、里崎智也、森野将彦ら故障上がりのメンバーも選出した。また、メンバー招集までに新井貴浩が腰痛、稲葉篤紀が右臀部痛、田中将大が右肩痛を発症。代表合宿中には村田修一が風邪で緊急入院し、北京入りしてからは川崎宗則が左足甲痛を、西岡剛が右脇腹痛をそれぞれ悪化させた。2008年北京オリンピックの野球競技・日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 平田良介

    平田良介から見た森野将彦森野将彦

    の春季キャンプは前述の足の捻挫もあって二軍スタートだったものの、第4クールで一軍に合流。森野将彦が故障で離脱したこともあり、ほとんどのオープン戦にセンターでスタメン出場。森野の代わりとして開幕スタメン入りも確実視されたが、森野が開幕までに回復し、またオープン戦での不本意な成績も相まって、開幕一軍入りとはならなかった。5月16日、森野の怪我による離脱で、二軍で83打数15安打、打率.181、2本塁打と、調子が上がらない中、このシーズン初の一軍昇格、その日の対横浜戦で即スタメン起用された。しかし目立った活躍は見られず5月26日に二軍に降格した。6月11日に再昇格。9月7日、対横浜戦の9回裏一死の場面に代打で登場し、横山道哉から一軍でのプロ初本塁打を放つ。これが同時にサヨナラの殊勲打となった。その後もシーズン終了まで一軍に定着。主に代打で起用された。シーズン終了後の秋季キャンプでは故障離脱してしまい、春季キャンプの二軍スタートが決まる。平田良介 フレッシュアイペディアより)

  • 稲嶺茂夫

    稲嶺茂夫から見た森野将彦森野将彦

    東海大相模高時代は森野将彦と同期。原俊介とのバッテリーで1995年に第67回選抜高等学校野球大会に出場するも、2回戦敗退。稲嶺茂夫 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示

「森野将彦」のニューストピックワード