81件中 71 - 80件表示
  • 高橋尚成

    高橋尚成から見た森野将彦森野将彦

    は8月終了時点で5勝6敗と低調だったが、9月以降に5連勝を記録し10勝6敗でシーズンを終え、自身3度目となる2桁勝利を達成。防御率も2.94を記録し、規定投球回に2年ぶりに到達してリーグ3連覇に貢献した。CSファイナルステージでは3年連続で中日との対戦となり、第3戦に先発した。初回に森野将彦に2日続けてとなる先制2ラン本塁打を打たれるがその後は無失点に抑え、勝ち星こそ付かなかったが5回2失点と先発の役割を果たした。チームは翌日第4戦に勝利して日本シリーズ進出を決めた。北海道日本ハムファイターズとの日本シリーズでは第4戦で先発したが敗戦投手となった。それでも第6戦でチームは勝利し7年ぶりの日本一に輝いた。11月17日には海外FA権を行使。ピーター・グリーンバーグが代表取締役を務めるPEG社と業務提携しているGSEグループの中西剛を代理人とし、メジャーへの移籍を目指すことを発表した。高橋尚成 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋周平

    高橋周平から見た森野将彦森野将彦

    ''、6月17日の対オリックス4回戦(京セラドーム大阪)で寺原隼人からプロ初本塁打を放つ。この本塁打が決勝打で18歳4か月でのアーチはドラフト制以降の高卒新人では最年少、中日の高卒新人では1997年の森野将彦以来8人目、決勝打は1960年の高木守道以来2人目である。。二軍では7本塁打を放ち、本塁打王のタイトルを獲得した。高橋周平 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見た森野将彦森野将彦

    中日監督就任後も背番号のこだわりを随所に見せており、谷繁元信が当時「7」を着用していたのを「捕手の番号らしくない」と森昌彦・大矢明彦・伊東勤・古田敦也など歴代の名捕手が着用していた「27」に変更させている。当時「16」をつけていた森野将彦の番号を就任直後に「8」、からは「31」に変更している。には、現役を引退しファンから永久欠番の署名活動があった立浪和義の「3」を森野に与えようとしたが本人が辞退している。なお3番は1年間欠番となった後、からは新入団の吉川大幾に、吉川が退団した以降は高橋周平が受け継いでいる。落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • 井上康生

    井上康生から見た森野将彦森野将彦

    東海大学付属相模高等学校卒業(同級生に森野将彦井上康生 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田あかね

    藤田あかねから見た森野将彦森野将彦

    中日ドラゴンズの大ファンで森野将彦の大ファン。またLINEのアイコンでドアラのアイコンを使用しているが中日の勝ち負けで表情を変えるなどしている。藤田あかね フレッシュアイペディアより)

  • ブルーバード (いきものがかりの曲)

    ブルーバード (いきものがかりの曲)から見た森野将彦森野将彦

    2009年には、森野将彦(中日ドラゴンズ)がナゴヤドームでの試合で打席に入る際の登場曲として使用している。ブルーバード (いきものがかりの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 東海ラジオ ガッツナイター

    東海ラジオ ガッツナイターから見た森野将彦森野将彦

    2007年は立浪和義、2008年は荒木雅博、2009年は森野将彦、高橋聡文(2009年4月3日?5日)。2008年まではベースボールデスクが、その日の質問を選手に投げかけ、事前に録音された音声が放送されていたが、2009年からは選手個別の曲が流れてインタビューに入る。2007年の立浪時代はかつて立浪選手の登場曲に使用されていた、「翼の折れたエンジェル」や、新人時代の応援歌の元となった「ガラスの十代」等の曲がバックに流れている。2008年の荒木も同様にナゴヤドーム登場曲(「DANGER ZONE」)が使用されている。2009年の森野選手はブルーバード・高橋投手は犬飼俊久アナが歌った『唸れ!!快速球』(小松辰雄応援歌)の冒頭の部分を「聡文!」に代えて使用していた。立浪選手バージョンの2007年は主にナゴヤドームでの打席コールの場内音が使用されていたが、荒木選手の2008年は自身の盗塁成功のシーンの実況音が使用されている。2009年の森野選手は女性の声による『がんばれ、がんばれ森野!』の後、ブルーバードが放送されていた。東海ラジオ ガッツナイター フレッシュアイペディアより)

  • 森福允彦

    森福允彦から見た森野将彦森野将彦

    日本シリーズでは11月15日の第3戦で2点リード二死から1人抑えてホールド、11月16日第4戦では6回1点リード無死満塁から登板、小池正晃を空振り三振、平田良介をレフトフライ、谷繁元信をショートゴロに抑え、7回までの6者連続の凡退とし、連日のホールドで勝利に導いた。これは後に森福の11球と言われた。11月20日第7戦は9回3点リード無死一塁から森野将彦、トニ・ブランコの2者を打ち取り、攝津へ繋いでチームの日本一に貢献した。5試合に登板し打者16人に投げ無失点に抑え、出塁を許したのは第5戦で三塁ベースに打球が直撃して内野安打となった荒木雅博のみだった。アジアシリーズでは11月25日の対統一セブンイレブン・ライオンズ戦で9回4点リード二死一二塁から登板し、陳ユン基にタイムリーを浴び、細川亨の守備側の無関心により二三塁とすると、潘武雄の三塁打により1点差に詰め寄られて降板となった。11月26日の対サムスン・ライオンズ戦では8回9点リードから登板し、クリーンナップの朴錫珉、崔炯宇、康奉珪を3者凡退に抑えた。森福允彦 フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見た森野将彦森野将彦

    のシーズン当初は中継ぎとして起用されていたものの、不安定な投球が続いたことや先発投手の駒不足から、阪神はシーズン開始直後にジェイソン・スタンリッジを獲得、メッセンジャーはスタンリッジと入れ替わりで4月23日に二軍落ちした。二軍ではリリーフから先発への変更を目標に、長いイニングを投げるための調整を行った。その後、7月までは二軍暮らしを強いられたものの、先発ローテーションの一角だったケーシー・フォッサムが不振から二軍落ちし、それに代わる先発投手として昇格。7月11日の対横浜ベイスターズ10回戦で来日後初先発し、6回2失点で勝利を挙げた。8月4日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦で内海哲也から左中間越えの大飛球を放ったところ、いったん本塁打と判定。ビデオ判定で打球が外野フェンスの最上部に当たっていることが判明したため、判定が二塁打に変更されたが、先発投手としては7回を2失点に抑えて勝利投手になった。しかし、9月8日の対中日ドラゴンズ戦で森野将彦に頭部死球を当てて危険球退場となり、その後も序盤に大量失点を与えたりと不安定な登板が続いて、5勝6敗、防御率4.93でシーズンを終えた。この成績のため翌年の契約は流動的であったが、新しく外国人選手を獲得するより計算できるとの首脳陣の判断によりオフに再び1年契約を結んだ。シーズン後には土木作業でトレーニングする意味合いも兼ねて、自宅の庭に馬小屋とブルペンを自作して自主トレーニングをしていた。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • 1978年

    1978年から見た森野将彦森野将彦

    7月28日 - 森野将彦、プロ野球選手1978年 フレッシュアイペディアより)

81件中 71 - 80件表示

「森野将彦」のニューストピックワード