104件中 41 - 50件表示
  • 中田宏

    中田宏から見た江田憲司江田憲司

    2000年の第42回衆議院議員総選挙では、民主党の支援を受けて神奈川8区から出馬。自民党が擁立した江田憲司を破り、3選。。中田宏 フレッシュアイペディアより)

  • 寺田典城

    寺田典城から見た江田憲司江田憲司

    2013年8月8日、参議院消費者問題に関する特別委員長に就任。同年12月9日、みんなの党に離党届を提出。離党届を提出する当日の午前には秋田県庁で記者会見し、離党後は江田憲司らが結成する新党に参加する方針を示した。12月18日、結いの党の結党に参加し、党副代表に就任した。日本維新の会との合流に向けた新党設立準備会に尽力。寺田典城 フレッシュアイペディアより)

  • 山内康一

    山内康一から見た江田憲司江田憲司

    同年8月8日、先に自民党を離党していた渡辺喜美や無所属の衆議院議員だった江田憲司を中心に結党されたみんなの党に参加。同党公認で第45回衆議院議員総選挙に比例北関東ブロック単独で出馬し、再選。みんなの党結党時の役職は「パートナー(補佐)」だったが、9月29日付で党国会対策委員長および筆頭副幹事長に就任した。2012年12月の第46回衆議院議員総選挙に比例北関東ブロック単独で出馬し、3選。山内康一 フレッシュアイペディアより)

  • 椎名毅

    椎名毅から見た江田憲司江田憲司

    2013年12月9日 江田憲司らとともに離党届を提出。同月、結いの党結成に加わる。(経理局長、政調総務部会長)椎名毅 フレッシュアイペディアより)

  • 本田朋

    本田朋から見た江田憲司江田憲司

    その後、東日本大震災で8ヶ月延期となった2011年福島県議会議員選挙にて3期目の当選を果たす。当時政権与党であった民主党の公認候補であるにもかかわらず、県議会同期でみんなの党参議院議員(当時)の小熊慎司や同党衆議院議員江田憲司の応援演説だけでなく、国政野党であったみんなの党の推薦をうけたことを理由に、民主党を除籍処分とされ、無所属となる。後に維新の党に参加。本田朋 フレッシュアイペディアより)

  • 安倍昭恵

    安倍昭恵から見た江田憲司江田憲司

    一連の首相夫人としての振る舞いについて、無所属の会の江田憲司は「相手が一私企業や私人等の場合は宣伝等に利用されるリスクがある。国民からは『全体の奉仕者』である総理大臣の代理と見られる。個別事案によるが、公的団体以外は断るべき。総理秘書官ら官邸の夫人担当のさばきが甘すぎたのでは」と指摘している。安倍昭恵 フレッシュアイペディアより)

  • 西野智彦

    西野智彦から見た江田憲司江田憲司

    『改革政権が壊れるとき』(江田憲司との共著、日経BP、2002年)西野智彦 フレッシュアイペディアより)

  • 金平茂紀

    金平茂紀から見た江田憲司江田憲司

    『内心、「日本は戦争をしたらいい」と思っているあなたへ』(2013年、角川書店)共著:保阪正康、東郷和彦、江田憲司、鈴木邦男、宇野常寛ほか金平茂紀 フレッシュアイペディアより)

  • 松尾崇

    松尾崇から見た江田憲司江田憲司

    神奈川県鎌倉市生まれ。鎌倉市立西鎌倉小学校、鎌倉学園中学校、鎌倉学園高等学校、日本大学経済学部経済学科卒業。1996年、日本通運入社。1999年、退社。2000年1月、元官僚の江田憲司の秘書となる。なお江田は同年6月の第42回衆議院議員総選挙に出馬するも落選。松尾崇 フレッシュアイペディアより)

  • 真山勇一

    真山勇一から見た江田憲司江田憲司

    2012年12月13日、比例区選出の参議院議員である小熊慎司、上野宏史、桜内文城の3人が日本維新の会から第46回衆議院議員総選挙に出馬するため、みんなの党を離党し、参議院議員を辞職。これに伴い、真山、藤巻幸夫、山田太郎の3人が繰り上げ当選した。2013年12月9日、みんなの党に離党届を提出し、江田憲司を党首に結成した結いの党に参加。2014年9月21日、結いの党・日本維新の会の合流により、維新の党に参加。真山勇一 フレッシュアイペディアより)

104件中 41 - 50件表示

「江田憲司」のニューストピックワード

  • 県内国会議員

  • 歴代首相も地元出席者あった

  • 歴代内閣でも招待基準があいまいだったのは事実。歴代内閣でも地元の方々の出席はあった