前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
104件中 1 - 10件表示
  • 江田憲司

    江田憲司から見た橋下徹

    2014年9月、結いの党・日本維新の会の合流による維新の党の結党に参加し、旧日本維新の会代表の橋下徹、旧結いの党代表の江田が、維新の党の共同代表に就任した。同年12月の第47回衆議院議員総選挙では、比例南関東ブロックへの重複立候補を辞退し、維新の党公認で神奈川8区から出馬。自民党前職の福田峰之を4万票超の大差で破り、5選。選挙後、橋下が共同代表を辞任したため、共同代表の役職が廃止され、新設された代表に江田が就任した。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た松野頼久

    2015年5月17日、維新の党が最大の政治課題に掲げてきた大阪都構想が大阪市特別区設置住民投票で否決され、党最高顧問の橋下徹大阪市長は市長任期を満了したうえでの政界引退を表明。江田も責任を取り、維新の党代表を辞任。5月19日の両院議員総会で、後任に松野頼久幹事長が選出された。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た浅尾慶一郎

    2009年、自民党を離党した渡辺喜美、山内康一、広津素子、民主党を離党した浅尾慶一郎に江田を加えた5人でみんなの党を結党。江田は党務担当役員(パートナー(党務)が正式名称)に起用され、パートナー(党務)の役職は後に幹事長に変更された。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た菅義偉

    2000年、神奈川2区選出の衆議院議員だった菅義偉の勧めもあり、第42回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で神奈川8区から出馬したが、無所属の会前職の中田宏に惨敗。2001年4月より桐蔭横浜大学客員教授、日本環境財団理事を務める。2002年、中田の横浜市長選挙出馬に伴う神奈川8区補欠選挙に無所属で出馬し、自民党新人の山際大志郎ら4人の対立候補を大差で破り、初当選した。2003年の第43回衆議院議員総選挙では、神奈川8区で民主党前職の岩國哲人(比例東京ブロックから国替え)に2千票弱の僅差で敗れ、落選した。2005年の第44回衆議院議員総選挙に神奈川8区から無所属で出馬し、民主党前職の岩國、自民党新人の福田峰之を破り、2年ぶりに国政復帰(岩國、福田はいずれも比例復活)。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た柿沢未途

    2013年春ごろから、幹事長の立場で渡辺喜美代表の党運営を批判し、党の政治資金の使途の透明化や参議院議員選挙の公認手続きの明確化を求めていたが、8月7日のみんなの党両院議員総会で渡辺が江田の幹事長解任を発議し、幹事長を更迭された。同年12月9日、江田を含むみんなの党所属議員14名が離党届を提出し、江田の離党届は受理されず除名処分が下った。その後、江田を含む離党届を提出した14人に加え、江田が幹事長を解任された際に離党していた柿沢未途が合流して結いの党を結党し、代表に就任した。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た渡辺喜美

    2009年、自民党を離党した渡辺喜美、山内康一、広津素子、民主党を離党した浅尾慶一郎に江田を加えた5人でみんなの党を結党。江田は党務担当役員(パートナー(党務)が正式名称)に起用され、パートナー(党務)の役職は後に幹事長に変更された。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た中田宏

    2000年、神奈川2区選出の衆議院議員だった菅義偉の勧めもあり、第42回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で神奈川8区から出馬したが、無所属の会前職の中田宏に惨敗。2001年4月より桐蔭横浜大学客員教授、日本環境財団理事を務める。2002年、中田の横浜市長選挙出馬に伴う神奈川8区補欠選挙に無所属で出馬し、自民党新人の山際大志郎ら4人の対立候補を大差で破り、初当選した。2003年の第43回衆議院議員総選挙では、神奈川8区で民主党前職の岩國哲人(比例東京ブロックから国替え)に2千票弱の僅差で敗れ、落選した。2005年の第44回衆議院議員総選挙に神奈川8区から無所属で出馬し、民主党前職の岩國、自民党新人の福田峰之を破り、2年ぶりに国政復帰(岩國、福田はいずれも比例復活)。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た前原誠司

    10月22日投開票の第48回衆議院議員総選挙に際し、前原誠司民進党代表が9月27日、民進党を事実上解党し、希望の党からの立候補を容認する方針を表明したが、江田は希望の党や立憲民主党への合流を見送り、無所属での立候補を表明。神奈川8区では、自民党前職で現職の内閣府副大臣だった福田峰之(比例復活)が衆院解散直前の9月25日に離党届を提出し、希望の党公認で東京5区に国替えして出馬したため、自民党はかつてみんなの党で江田の同僚だった元職の三谷英弘を神奈川8区で擁立した(なお、三谷は福田が国替えした東京5区からの立候補経験がある)。江田は12年ぶりに無所属で神奈川8区から出馬し、三谷らを破り6選を果たした。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た新潮社

    誰のせいで改革を失うのか 新潮社、1999年12月江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た幻冬舎

    財務省のマインドコントロール 幻冬舎、2012年3月 ISBN 4344021584江田憲司 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
104件中 1 - 10件表示

「江田憲司」のニューストピックワード

  • 県内国会議員

  • 歴代首相も地元出席者あった

  • 歴代内閣でも招待基準があいまいだったのは事実。歴代内閣でも地元の方々の出席はあった