沖縄美ら海水族館 ニュース&Wiki etc.

沖縄美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん)は、沖縄本島北西部の本部半島備瀬崎近くにある国営沖縄記念公園・海洋博覧会地区(海洋博公園)内の水族館で、管理・運営は一般財団法人沖縄美ら島財団。「チュらうみ」とは沖縄の方言で「清〔きよ〕ら(しい)海」という意味。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「沖縄美ら海水族館」のつながり調べ

  • インピーダンス

    インピーダンスから見た沖縄美ら海水族館

    インピーダンスはしばしば「インピーダンス = 伝わりにくさの指標」と誤解される。値が低いから波動が伝わりやすい、又は高いから伝わりにくいということは、エネルギー消費を伴う抵抗(実数成分としてのレジスタンス)では正しくても、インピーダンスでは正しくない。高周波伝送に用いられる600Ω平行線路よりも52Ω同軸ケーブルが伝わりやすいというのは、全くの間違いである。例えば、真空、純水、アクリル(ガラスよりはるかに透明度が高く沖縄美ら海水族館の大水槽で使用されている)は光の伝播において透明という点では同じであり、理想的には減衰はないがそれらの界面では反射・屈折が生じる。高校物理ではこれを屈折率の違いによるものと説明しているが、別の観点では界面のインピーダンスの相違による反射波と透過波と表現することができる。小区間の海岸線付近での直正面からの波の進行もインピーダンスの概念で説明することができる。(インピーダンス フレッシュアイペディアより)

  • オニイトマキエイ

    オニイトマキエイから見た沖縄美ら海水族館

    これを受け、沖縄美ら海水族館、海遊館、エプソン品川アクアスタジアム(現アクアパーク品川)がそれぞれの飼育個体について調査した結果、飼育している種は「オニイトマキエイ」ではなく「Manta alfredi」と判明し、この種の和名に「ナンヨウマンタ」を用いることとした。(オニイトマキエイ フレッシュアイペディアより)

「沖縄美ら海水族館」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

関連サイト

「沖縄美ら海水族館」
地図情報

「沖縄美ら海水族館」のニューストピックワード