沖縄返還協定 ニュース&Wiki etc.

沖縄返還(おきなわへんかん)は、1972年(昭和47年)5月15日に、沖縄(琉球諸島及び大東諸島)の施政権がアメリカ合衆国から日本国に返還されたことを指す。日本国とアメリカ合衆国との間で署名された協定の正式名称は「琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定」である。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「沖縄返還」のつながり調べ

  • 駐留軍用地特措法

    駐留軍用地特措法から見た沖縄返還

    1961年以来適用例はなかったが、1972年にアメリカの統治下であった沖縄県が返還され、その後も在日米軍基地の大多数が集中する地域であり続けたため、その対応をめぐって同法が再びクローズアップされるようになった。沖縄県では、アメリカの統治下時代に膨大な面積の民有地が接収されたため、民有地や県・市町村有地の割合が、県内の軍用地のそれぞれ3割以上と際だって高かった。そのため沖縄が日本に返還された結果、米軍からの土地返還を求める地主もそれだけ多くなり、さらに米軍基地に反対する反戦地主もこれに加わった。さらに、国有地の中にも第二次世界大戦中に無償収用された土地があり、旧地主たちは返還訴訟を起こしていた(1995年、最高裁判所で旧地主側の全面敗訴)。(駐留軍用地特措法 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄市立コザ小学校

    沖縄市立コザ小学校から見た沖縄返還

    沖縄復帰後、公共機関の多くはアメリカ統治の名残である「コザ」から改称したが、当校は沖縄県立コザ高等学校、沖縄市立コザ中学校と共に「コザ」を名乗り続けている(コザの由来についてはコザ市を参照)。(沖縄市立コザ小学校 フレッシュアイペディアより)

「沖縄返還」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「沖縄返還協定」のニューストピックワード