浅丘ルリ子 ニュース&Wiki etc.

浅丘 ルリ子(あさおか ルリこ、本名;浅井 信子、1940年7月2日 - )は、日本の女優。愛称は「ルリルリ」。身長156cm、体重35kg。血液型はA型。前夫は石坂浩二。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「浅丘ルリ子」のつながり調べ

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た浅丘ルリ子

    1970年1月、タクシー乗車中の交通事故で生まれて初めての入院生活を経験。これを機に1-2年間の休業宣言を行う。この間も全作品展の開催やエッセイの連載、写真や小説などの新分野への進出を行っており、仕事をやめていたわけではない。横尾の休業宣言は、大阪万博のこの年、「人類の進歩と調和」のスローガンに浮かれていた世間に対する尖鋭的な表現でありえたし、1960年代以降の横尾の反体制的指向を象徴する出来事として受けとめられた。しかし9月には原因不明の足の痛みによって2度目の入院を余儀なくされ、ほとんど歩行不可となってしまう。深刻な病状に高倉健や浅丘ルリ子らも見舞いに訪れる。そんな中にあって、三島由紀夫だけが横尾に対し仕事をするように激しく叱咤激励した。三島が横尾に何としても仕上げさせたかったのが、細江英公の三島の写真集『新輯薔薇刑』の装幀(90頁)であり、篠山紀信撮影による写真集『男の死』の撮影であった。三島は自分の撮影を終えており、しきりに横尾に催促した。同年の後の三島の自決によって、横尾は大きな衝撃を受けその後も横尾の心を捉え続けることになる。三島の姿やイメージはのちの横尾の作品中にいく度となく登場する。写真集『男の死』は、その後封印されたままとなった。(横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 網走番外地 (日活)

    網走番外地 (日活)から見た浅丘ルリ子

    『網走番外地』(あばしりばんがいち)は、小高雄二、浅丘ルリ子主演で、1959年に日活によって制作・公開された同名小説(伊藤一作)の映画版。モノクロ、シネマスコープ。(網走番外地 (日活) フレッシュアイペディアより)

「浅丘ルリ子」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「浅丘ルリ子」のニューストピックワード