152件中 131 - 140件表示
  • 浜崎あゆみ

    浜崎あゆみから見たニューヨーク

    その後、エイベックスの松浦勝人と知り合い、1996年末にサンミュージックとの契約が切れた後、ボイストレーニングのためニューヨークへと渡り、エイベックスからの歌手デビューへの準備が始まった。浜崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎あゆみ

    浜崎あゆみから見たモデル (職業)

    浜崎 あゆみ(はまさき あゆみ、1978年10月2日 - )は、日本の女性歌手。かつては女優、モデルとしても活動していた。本名は濱? 歩(読み同じ)。愛称はあゆ、ayu。公式の英語表記はayumi hamasakiであり作詞のクレジットとしてオリジナル曲の多くに用いられている。ロゴマークの角ばったAは「あゆみ」のイニシャルから。福岡県福岡市早良区出身。エイベックス・マネジメント所属。レコードレーベルはavex trax。浜崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎あゆみ

    浜崎あゆみから見たビジュアルアート

    モデルや女優としての活動を経て事務所を移籍、1998年4月8日に1stシングル「poker face」でソロ歌手としてデビュー。歌手デビュー後の楽曲については、オリジナル曲は全て自身で作詞し、「CREA」名義でいくつか作曲も手がけている。楽曲のみならず衣装、ミュージックビデオ、雑誌グラビア、CDジャケットのレイアウトやライブ演出といったビジュアルアートに至るまで、本人による徹底した非常に厳しいチェックを行っている。浜崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎あゆみ

    浜崎あゆみから見たayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2001-2002 A

    2002年1月末、インターネット掲示板を発端として、ライブ会場で「浜崎あゆみが身障者の少女を罵倒した」という動画付きの噂が流れた。新聞報道にまで拡大し、公式サイトやファンHPが荒らしに遭った。avexの会長兼社長(当時)の依田巽も声明文を発表。一方、本人の声明文でなかったことなどから大炎上に繋がる。雑誌『Free & Easy』とのコラボレーション雑誌『浜崎共和国』において「自分がデマを撒かれたことよりも、そのデマにファンが迷ったり辛い思いをしたのなら、その方がよっぽど辛い」とのコメントを発表している。なお、この事件の影響でこの年の『ayumi hamasaki ARENA TOUR 2002 A』ではスポンサーがつかない事態となり(浜崎のライブでスポンサーがつかなかったのはこの時のみである)、2003年1月に発売された問題の『ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2001-2002 A』のDVDはアンコールの大部分が(ラストの「Endless sorrow "gone with the wind ver."」以外)カットされている。なお、カウントダウンライブを行った国立代々木競技場での身体障害者用車椅子スペースは、緊急時すぐ避難できるよう、アリーナの左右入り口と指定されているため、暴言騒動となった「前列の障害者を罵倒」の信憑性はないと言える。DVDに収録されている終了際の浜崎あゆみのMCでは、浜崎自身の友達が本公演を見に来ていることを告げており、問題の動画は本公演での浜崎自身のMCを部分的に編集したものであることがわかる。浜崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎あゆみ

    浜崎あゆみから見たALL JAPANリクエストアワード

    2000年4月より初めてのコンサートツアーに挑むも、左耳の疾患(内耳性突発難聴)により一部の公演を延期した。16thシングル「SEASONS」で136万枚を超える大ヒットとなり、アルバムも3枚のミリオンセラーを記録した。同年11月、全日本有線放送大賞でグランプリを受賞した。以降、2001年と2002年のALL JAPANリクエストアワード、2003年のベストヒット歌謡祭でもグランプリを受賞し、4連覇を達成している。2000年12月13日発売の19thシングル「M」では、CREAとして初めて作曲を手掛け、ミリオンセラーを達成した。同年12月31日に、初のカウントダウンライブを開催。浜崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎あゆみ

    浜崎あゆみから見たサテラビュー

    サテラビュー向けに放送されたラジオ番組。泉谷しげるとともに週1回火曜日のパーソナリティを担当。浜崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎あゆみ

    浜崎あゆみから見た香港

    2007年から初の日本国外での公演(台北、香港、上海)を含むライブツアーを本格的に行い、東アジア地域への進出も果たしている。歌手デビュー前にボイストレーニングのために渡米しているが、デビュー当時は英語は不得意とコメントしており、ほとんどの歌詞は日本語であった。しかし、2002年以降は英語詞を含めた楽曲も多く発表している。2006年にCNNの日本特集『Japan now』期間中に放送された対談番組『Talk Asia』では、短時間ではあったが英語を披露している。浜崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎あゆみ

    浜崎あゆみから見た東京

    幼少の頃に父親が蒸発、母子家庭で育った。小学生の頃にSOSモデルエージェンシー福岡にスカウトされ、「浜崎くるみ」の芸名で福岡中央銀行のポスターや地元商業広告に登場。その後、東京のサンミュージック(現:サンミュージックプロダクション)を紹介され、所属することとなる。都営地下鉄浅草線浅草駅のホームに掲示されているタレント養成所の広告には、加藤晴彦とともにこの頃の写真が掲載されていた。浜崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎あゆみ

    浜崎あゆみから見た新・西遊記

    新・西遊記 第11話「未来を見通す家なき子」(1994年、日本テレビ)浜崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

  • 浜崎あゆみ

    浜崎あゆみから見た同居人カップルの殺人推理旅行

    土曜ワイド劇場「同居人カップルの殺人推理旅行4・嘘をつく女 熊本阿蘇〜財産を狙って欲望が渦巻く」(1996年、テレビ朝日) - 野村舞 役浜崎あゆみ フレッシュアイペディアより)

152件中 131 - 140件表示

「浜崎あゆみ」のニューストピックワード