前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
273件中 1 - 10件表示
  • 遠江国

    遠江国から見た駿河国

    東隣の駿河国との境は大井川であった。奈良時代には、大井川の流路が現在より北を流れていたため、今の栃山川以南が遠江国に含まれていた。具体的には島田市の南部・藤枝市の南部、および焼津市の南部で合併前の大井川町である。大井川町の全域は、明治初期まで遠江国榛原郡であった。遠江国 フレッシュアイペディアより)

  • 遠江国

    遠江国から見た安田義定

    安田義定(寿永2年〈1183年〉8月10日?文治6年〈1190年〉1月26日) 従五位下(建久2年〈1191年〉3月6日?建久4年〈1193年〉11月28日)従五位上遠江国 フレッシュアイペディアより)

  • 遠江国

    遠江国から見た浜松城

    室町時代には斯波氏・今川氏が守護に補任される。斯波氏の遠江支配は弱く、戦国時代に元来強固な地盤をもつ東の駿河国の今川氏に併呑され領国化した。今川氏は甲斐国の武田氏による駿河侵攻で滅亡し、遠江の今川領国は武田氏と三河国の徳川家康により分割された。武田氏はさらに遠江・三河方面への侵攻を志向する西上作戦を行い、家康は浜松城を築いて居城を移し武田氏と対峙した。武田軍と徳川軍が交戦した遠江国の地としては、二俣城・高天神城・三方ヶ原が有名である。武田軍が伊那地方から遠江国に入る際には、兵越峠経由の連絡線が整備された。遠江国 フレッシュアイペディアより)

  • 遠江国

    遠江国から見た文室助雄

    文室助雄(従五位下):承和7年(840年)任官遠江国 フレッシュアイペディアより)

  • 遠江国

    遠江国から見た今川氏真

    1560年?1569年 - 今川氏真遠江国 フレッシュアイペディアより)

  • 遠江国

    遠江国から見た徳川家康

    室町時代には斯波氏・今川氏が守護に補任される。斯波氏の遠江支配は弱く、戦国時代に元来強固な地盤をもつ東の駿河国の今川氏に併呑され領国化した。今川氏は甲斐国の武田氏による駿河侵攻で滅亡し、遠江の今川領国は武田氏と三河国の徳川家康により分割された。武田氏はさらに遠江・三河方面への侵攻を志向する西上作戦を行い、家康は浜松城を築いて居城を移し武田氏と対峙した。武田軍と徳川軍が交戦した遠江国の地としては、二俣城・高天神城・三方ヶ原が有名である。武田軍が伊那地方から遠江国に入る際には、兵越峠経由の連絡線が整備された。遠江国 フレッシュアイペディアより)

  • 遠江国

    遠江国から見た山内一豊

    安土桃山時代になると、武田氏滅亡跡に武田領国を確保した家康は関東八カ国に移転し、代わって遠江国には豊臣系大名が配置され、浜松城に堀尾吉晴が、掛川城に山内一豊が転入する。遠江国 フレッシュアイペディアより)

  • 遠江国

    遠江国から見た堀尾吉晴

    安土桃山時代になると、武田氏滅亡跡に武田領国を確保した家康は関東八カ国に移転し、代わって遠江国には豊臣系大名が配置され、浜松城に堀尾吉晴が、掛川城に山内一豊が転入する。遠江国 フレッシュアイペディアより)

  • 遠江国

    遠江国から見た島田市

    東隣の駿河国との境は大井川であった。奈良時代には、大井川の流路が現在より北を流れていたため、今の栃山川以南が遠江国に含まれていた。具体的には島田市の南部・藤枝市の南部、および焼津市の南部で合併前の大井川町である。大井川町の全域は、明治初期まで遠江国榛原郡であった。遠江国 フレッシュアイペディアより)

  • 遠江国

    遠江国から見た浜松市

    1889年(明治22年)に東海道本線が開通すると、江戸時代の天竜川の舟運とも重なって、浜松には綿織物工場や楽器工場が多く立地するようになった。遠江国 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
273件中 1 - 10件表示

「浜松・遠州のできごと」のニューストピックワード