渡辺謙 ニュース&Wiki etc.

渡辺 謙(わたなべ けん、1959年10月21日 - )は、日本の俳優。本名同じ。新潟県 北魚沼郡 広神村(現:魚沼市)出身。演劇集団 円を経て2002年からケイダッシュ所属。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「渡辺謙」のつながり調べ

  • 松井三都男

    松井三都男から見た渡辺謙

    2010年3月27日 - 『NEWS ZERO特別版・山田太一×渡辺謙 密着!「遠まわりの雨」』(松井三都男 フレッシュアイペディアより)

  • 奥山和由

    奥山和由から見た渡辺謙

    1995年、ロバート・デ・ニーロが、初監督作品『ブロンクス物語』のキャンペーンのため日本に訪れた折に、奥山はデ・ニーロと初めてミーティングを持った。目的は、デ・ニーロが今後映画制作をしていく上での日本におけるパートナー捜しだった。その頃、奥山も日本国内における映画制作の限界を感じ、また『RAMPO』での初監督を終えた時でもあったので、意気投合し、二人の関係はその後長く続いた。一年後、『RAMPO』の米ロサンゼルスにおける試写会に、デ・ニーロがアンディ・ガルシアなどとともに訪れたことは、日米でニュースにもなった。また、さらに半年後、デ・ニーロは再び日本を訪れ、奥山とともに共同企画開発、及び共同制作の記者会見を開いた。これは『226』以来始めた日本における初の映画ファンド・FFE第3号(50億)をバックボーンにしたものだった。第一作はデ・ニーロのプロダクション・トライベッカ側でスパイものの脚本を用意し、デ・ニーロ自身が監督をする予定だった。また第二作には『幸福の黄色いハンカチ』のアメリカを舞台に移したリメイクものが並んでいた。1997年末、第一作の脚本は第一稿完成に至ったが、1998年1月の解任事件により、FFE第3号は解体され、すべては中止となった。その折に、デ・ニーロは奥山へFAXを送り「ニューヨークに来ないか。一緒にやろう」と誘った(2000年11月11日朝日新聞(夕刊)より)。六本木のレストラン「NOBU」はデ・ニーロが出資をしている店だが、そのオープンのときにも奥山はVIPゲストとして招かれ、デ・ニーロと再会している。また、2003年の作品『TAIZO〜戦場カメラマン・一ノ瀬泰造の真実〜』の「『TAIZO』を100万人に伝える会」においても、渡辺謙、黒木瞳などと並んでデ・ニーロの名前が彼の署名とともにある。(奥山和由 フレッシュアイペディアより)

「渡辺謙」のニューストピックワード