温室効果ガス ニュース&Wiki etc.

温室効果ガス(おんしつこうかガス、、)とは、大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸収することにより、温室効果をもたらす気体の総称である。対流圏オゾン、二酸化炭素、メタンなどが該当する。近年、大気中の濃度を増しているものもあり、地球温暖化の主な原因とされている。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「温室効果ガス」のつながり調べ

  • アルコール燃料

    アルコール燃料から見た温暖化ガス

    アルコール燃料のうち、メタノールは、主として天然ガスから合成されており、原油価格の高騰を背景に、石油を補う代替自動車燃料としての利用が模索されている。一方、エタノールは、主としてバイオマスから製造されているため、温暖化ガスの排出につながらないことや再生可能資源(renewable resource)で永続的に利用可能であることを背景に注目され、近年急速に普及をみせている。(アルコール燃料 フレッシュアイペディアより)

  • フロリダ州

    フロリダ州から見た温室効果ガス

    2007年7月、クリスト知事は2050年までに1990年レベルの温室効果ガス排出量の80%を削減することを目指し、州内で新たに厳格な大気汚染防止標準を課する執行命令に署名する考えであることを明らかにした。クリストの命令は電力会社、自動車とトラックに新しい排出目標を設定させ、州の機関に厳しい環境保存目標を課し、州が所有する車両には代替燃料を使用させることを求めるものだった。(フロリダ州 フレッシュアイペディアより)

「温室効果ガス」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「温室効果ガス」のニューストピックワード