瀬古利彦 ニュース&Wiki etc.

瀬古 利彦(せこ としひこ、1956年7月15日 - )は三重県桑名市出身の元陸上競技・マラソン選手、陸上競技指導者。1970年代後半から1980年代にかけて宗茂・宗猛兄弟、伊藤国光、中山竹通、新宅雅也らとともに日本長距離界をリードした。現役引退後はヱスビー食品スポーツ推進局局長を経て、2013年4月よりDeNAランニン… (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「瀬古利彦」のつながり調べ

  • S&Bちびっ子健康マラソン大会

    S&Bちびっ子健康マラソン大会から見た瀬古利彦

    瀬古利彦が所属したことで長距離走界に関わりの深いヱスビー食品が、「21世紀を担う人づくり」をテーマにスポーツを通じて心身ともに健康な子供たちを育成することを第一の目的として、1984年から開催している。日本全国の各地域における地方大会およびその優秀選手による全国大会が実施されており、2007年時点で延べ89万人が参加している。小学生を対象とした長距離走大会としては、全国最大規模のものとなっている。(S&Bちびっ子健康マラソン大会 フレッシュアイペディアより)

  • メクボ・ジョブ・モグス

    メクボ・ジョブ・モグスから見た瀬古利彦

    大学時代、箱根駅伝では4年連続エース区間の2区を任されて1年次の第82回箱根駅伝では区間賞、2年次の第83回箱根駅伝では、後半失速、早稲田大学の竹澤健介らに敗れ区間6位に終わったが、3年次の2008年に行われた第84回箱根駅伝で2区の区間新記録1時間06分23秒をマーク、これまでの区間記録であった1999年の順天堂大学の三代直樹が出した1時間06分46秒を9年ぶりに更新した。さらにその翌年、2009年の第85回箱根駅伝では、前年の自らの記録をさらに19秒更新する1時間06分04秒を記録、同区間では瀬古利彦(早稲田大学)以来29年ぶりとなる2年連続区間記録を達成した。(メクボ・ジョブ・モグス フレッシュアイペディアより)

「瀬古利彦」のニューストピックワード