火災 ニュース&Wiki etc.

火災(かさい)とは、火による災害である。一般的には火事(かじ)ともいう。また、小規模な火災のうちに消し止められたものは小火(ぼや)、焼失面積が大きく被害が甚大なものは大火(たいか)ともいう。被害は有形財産の焼失はもとより、怪我人や死者がでることも頻繁にある。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「火災」のつながり調べ

  • 屋根

    屋根から見た火災

    防火/耐火性 - 火災時に着火・引火しない。熱による強度低下・破壊がない。(屋根 フレッシュアイペディアより)

  • 開善寺 (飯田市)

    開善寺 (飯田市)から見た火災

    室町時代後半になると寺は衰え、1499年(明応8年)には火災による堂宇の焼失もあった。しかし1549年(天文18年)、松尾城の小笠原信貴により復興され、1601年(慶長6年)には寺領35石になるまでに至った。この復興の頃、現在の妙心寺派に転派した。(開善寺 (飯田市) フレッシュアイペディアより)

「火災」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「火災」のニューストピックワード