1151件中 101 - 110件表示
  • 圧縮記帳

    圧縮記帳から見た火災火災

    圧縮記帳(あっしゅくきちょう、reduction entry)とは、国庫補助金や火災による保険金などの金銭を受けて固定資産を購入した際、その購入価額から補助金の額を控除して購入価額とすること。圧縮記帳 フレッシュアイペディアより)

  • 火災保険

    火災保険から見た火災火災

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。火災保険 フレッシュアイペディアより)

  • 生息地分断化

    生息地分断化から見た火事火災

    生息地の破壊は、火山の噴火や火事、気候変動などといった自然現象でも起こっていたことが、化石記録から明らかとなっている。例えば、今から約3億年前のユーラメリカ大陸で起こった熱帯雨林の生息地分断化によって、両生類の多様性が著しく減少したが、同時に気候の乾燥化が進んだため、爬虫類の多様性の増大も起こったと考えられている。生息地分断化 フレッシュアイペディアより)

  • 日隈城

    日隈城から見た火災火災

    江戸時代には洪水や火災などによって城下であった隈地区も被害に遭い、現在では、森春樹が口伝や『豊西記』などをもとに著した『亀山抄』などで城跡や当時の情景を伺えるのみである。日隈城 フレッシュアイペディアより)

  • ヤシマナシヨナル

    ヤシマナシヨナルから見た火災火災

    しかし、明けて10歳となった1973年の1月27日、高知競馬場の厩舎区画において火災が発生。折からの強風にも煽られ、たちまちに3厩舎6棟を焼き尽くした。この火災では避難させる事のできなかった14頭の競走馬が焼死するという惨事になったが、その14頭の中にヤシマナシヨナルが含まれていた。ヤシマナシヨナル フレッシュアイペディアより)

  • 穴切遊廓

    穴切遊廓から見た火災火災

    大増楼、甲子楼、京庄楼など合計22楼を有する新柳遊廓は、所在地の当時の町名が増山町であったことから、甲府の人間に増山と言えば誰にでも当遊廓のことと分かるほど、人々に知られる存在となり繁栄するが、1907年(明治40年)2月に大門口にあった福伊藤楼より出火した大規模な火災によって遊廓全体が焼失し、新柳遊廓の歴史は終わる。この火災は後に上府中大火と呼ばれるようになった。穴切遊廓 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥羽市立菅島小学校

    鳥羽市立菅島小学校から見た火災火災

    1955年(昭和30年)11月15日 - 火災により校舎が全焼。鳥羽市立菅島小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 道具屋 (落語)

    道具屋 (落語)から見た火事火災

    勘違いして鋸をなめ、ゲーゲーしたりと大混乱。その上、『火事場で拾ってきた』という内輪の話を喋ってしまったため、棟梁はあきれて帰ってしまった。道具屋 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • エアロポリス2001

    エアロポリス2001から見た火災火災

    この他、緑化されたフロアも設置され、そこでは子供とオフィスワーカーが一緒に昼食を食べることも可能となる。万が一、火災が発生した場合にはロボットによって消火活動がなされる。エアロポリス2001 フレッシュアイペディアより)

  • 船副使麻呂

    船副使麻呂から見た火災火災

    貞観18年(876年)に大極殿で火災があった際、廃朝することおよび群臣が政に従うことの是非について、大学博士・善淵永貞らとともに、『礼記』『春秋左氏伝』に基づき、紫宸殿で政を行うべきでないこと、群臣が政に従うのは当然である旨を言上した。船副使麻呂 フレッシュアイペディアより)

1151件中 101 - 110件表示

「火災」のニューストピックワード