1151件中 111 - 120件表示
  • 船江 (伊勢市)

    船江 (伊勢市)から見た火災火災

    勢田川沿いに位置したため水運に恵まれ、日用品中心の問屋町として繁栄した。また尾張・三河両国や東国から海路を通って大湊に入港した参宮客はさらに勢田川を遡上し、神社港(かみやしろこう)・二軒茶屋を経て船江や河崎、岡本で上陸した。川に近いため、貞享元年(1684年)には宮川洪水で被災した。火災も多く、江戸時代に3度の大火を経験し、町の大半を焼失する被害に遭っている。元治元年(1864年)、津藩藤堂氏は船江町に練兵場を設け、廃藩置県まで利用された。船江 (伊勢市) フレッシュアイペディアより)

  • 金網入りガラス

    金網入りガラスから見た火災火災

    主に火災による破損時のガラスの飛散防止を目的としており、建築基準法・施行令に基づく「平成12年建設省告示1360号第1の2 ニ」で規定されている。金網入りガラス フレッシュアイペディアより)

  • 警視庁失踪課・高城賢吾

    警視庁失踪課・高城賢吾から見た火災火災

    醍醐や明神と呑みに行き、久しぶりに気持ち良く酔った帰り道、高城の目の前で明神が爆風で吹き飛ばされる。ビル火災のバックドラフトに巻き込まれたのだ。警視庁失踪課・高城賢吾 フレッシュアイペディアより)

  • 川部酒麻呂

    川部酒麻呂から見た火災火災

    肥前国松浦郡の人。天平勝宝4年(752年)遣唐使第4船の舵取として唐に渡る。天平勝宝6年(754年)帰国の途中、海上で強い順風が吹いていた所、突如船尾から出火して艫に燃え広がる火災が発生。この際、酒麻呂は舵を回して船首を風上に向け、すぐ傍に火が燃え広がり手が焼け爛れるのにも構わず、舵を掴んだまま動かなかった。その結果ようやく火を消し止めることができ、乗員や物品は無事であった。この功労により酒麻呂は10階の昇叙を受け、松浦郡員外主帳に任じられた。川部酒麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • ミッキーの愛犬

    ミッキーの愛犬から見た火事火災

    そんな中ミッキーとプルートの審査の番がやってくる。ところがプルートは審査員の不興を買ってしまい、さらにプルートを駄犬と罵った審査員に襲いかかり噛み付いてしまったため、ミッキー達は会場を追い出されてしまった。しょんぼりするミッキー達だが、犬達による曲芸がとり行われると聞きつけてミッキーはプルートをスケート犬として参加させようと企てていた。そこで事件が起こる。犬たちの曲芸を撮ろうとしたカメラのフラッシュが舞台の飾りに燃え移り、火事になってしまったのだ。ミッキーの愛犬 フレッシュアイペディアより)

  • 禁野火薬庫

    禁野火薬庫から見た火災火災

    1939年3月1日14時45分、禁野火薬庫の第15号倉庫で砲弾解体中に不意に発火し、てん薬弾に引火し、大爆発が起こった。その爆発音は京阪一帯に響きわたり、19時までに計29回の爆発を起こし、爆発による火災は3月3日の正午まで続いた。弾丸の破片は半径2キロにわたって飛散し、禁野・中宮など近隣の集落に延焼した。これにより殿山第一小学校は焼失、禁野火薬庫 フレッシュアイペディアより)

  • 中村青司

    中村青司から見た火事火災

    1947年 - 11月、母・暁子が火事で死亡。中村青司 フレッシュアイペディアより)

  • 磯部町恵利原

    磯部町恵利原から見た火災火災

    巌峯山池渓寺 - 永禄2年(1559年)に玄応観禅和尚が開山した曹洞宗永平寺派の仏教寺院で鳥羽市の常安寺の末寺。1883年(明治16年)に頂門寺を合併。恵利原には、ほかに真言宗智積院末の治高山井泉院という七堂伽藍を有する寺院があったが、天正年間(1573年〜1592年)と1881年(明治14年)の2度火災に遭い、廃寺となった。磯部町恵利原 フレッシュアイペディアより)

  • 聖ペテロ教会 (リガ)

    聖ペテロ教会 (リガ)から見た火災火災

    1209年、石造りであった為にリガ市街に発生した火災で被害を免れたことがこの教会についての最も古い記録である。その後、主に三期に渡り大幅な増改築が行われ、一期から二期はゴシック建築、ロマネスク建築、三期は初期バロック建築といった建築様式で建設された。初期の建築は中間部の身廊の外壁と一部の柱にのみ残っている。聖ペテロ教会 (リガ) フレッシュアイペディアより)

  • 六角獄舎

    六角獄舎から見た火災火災

    元治元年7月19日(1864年8月20日)に始まった禁門の変に伴い生じた火災(どんどん焼け)は、京都市中に広がり六角獄舎にも及ぶ恐れが生じた。管理を任されていた京都町奉行の滝川具挙は過激な志士達の脱走を恐れて囚人解き放ちをせず、いまだ判決が定まっていなかった生野の変首謀者・平野国臣、天誅組の変の水郡善之祐(河内)乾十郎(大和)など囚人33人を斬罪に処してしまう。しかし六角獄舎に火は回って来なかった。これについて、安政の大獄で捕らえられていた村井正礼が記した手記『縲史』に当時の生々しい記録が残る。さらに、先月の池田屋事件の折に捕縛されていた古高俊太郎をはじめとする尊皇攘夷志士らも斬罪。この件は新選組の仕業と疑われるようになる。六角獄舎 フレッシュアイペディアより)

1151件中 111 - 120件表示

「火災」のニューストピックワード