1151件中 131 - 140件表示
  • ヨハネス・ヘヴェリウス

    ヨハネス・ヘヴェリウスから見た火災火災

    1679年9月26日、ヘヴェリウスは火災によって自宅の天文観測装置および書物を失った。ろくぶんぎ座は、このとき失われた観測装置を偲んで設定したものである。その後まもなく復旧作業を行い、翌1680年12月のキルヒ彗星の観測には間に合ったが、先の災禍に原因する精神的ショックから健康を損ない、1687年、誕生日である1月28日に満76歳で死去した(生没同日)。ヨハネス・ヘヴェリウス フレッシュアイペディアより)

  • 佐保来栖山砦

    佐保来栖山砦から見た火災火災

    城郭は北東から南西へ延びる尾根の最先端部に位置する。尾根の最長部を中心に曲輪は3つあり、これを取り囲むように小規模な曲輪が配され、それらを繋ぐ通路があった。斜面には、堀切と石垣が検出された。石垣は砦斜面を全周するものではなく、曲輪の平坦面の高さまで積み上げたものではない。曲輪留め程度の石垣であったと思われるが、『栗栖山砦跡の調査』によると「心理的な防御の機能も果たしていたと思われます」と曲輪留め以外の役割も果たしていたと解説している。主要3曲輪の一つに礎石建物とそれを囲む土塁が出土した。建物の礎石は火熱をうけ、火災を被ったことが確認された。また土壁が大量出土し、礎石は建物に伴うものと考えられている。中央の曲輪が一段高く、両側にある曲輪が一段低くなっている。建物があった曲輪は一段低い部分にあたる。発掘調査により、礎石建物があった曲輪が最初にできた曲輪で単郭構造の砦から、2つの曲輪が並列して改築された変遷をもつ。最長部の曲輪と礎石建物があった曲輪からの出土物が多く、住居を伴う建物が両曲輪であったと考えられている。佐保来栖山砦 フレッシュアイペディアより)

  • ダイモス (漫画)

    ダイモス (漫画)から見た火事火災

    全身を使って周囲の温度を変化させる。シードラゴン戦で海岸が火の海になり真介が死にそうになったときは、真介を抱え込むようにうずくまり、火事の中でも全身が霜で白くなるほど低温化した。シードラゴンとの再戦時には海水が沸騰して魚が大量に死ぬほどに高温化した。ダイモス (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • マックスウェル・ハウス・ホテル

    マックスウェル・ハウス・ホテルから見た火事火災

    1961年のクリスマスの夜に火事により消失。マックスウェル・ハウス・ホテル フレッシュアイペディアより)

  • サンゴジュ

    サンゴジュから見た火災火災

    厚く水分の多い葉や枝が火災の延焼防止に役立つともいわれ、防火樹として庭木や生垣によく用いられる。横浜市、大東市、防府市の市の木。サンゴジュ フレッシュアイペディアより)

  • 炎ジョイ

    炎ジョイから見た火事火災

    運営会社スパイダーネットワークスは炎ジョイについて、「火事と喧嘩は江戸の華、ブログ炎上はネットの華」というキャッチコピーを立てて、ブログで起こっている炎上情報を収集し、参加者でこれを共有するというコンセプトを掲げた。さらに共有するだけではなく、ニコニコ動画風にコメントを書き込める機能もあった。このコメントはブログ上にレイヤーとして表示されるだけなので、対象ブログ自体には何の影響もない。もしそれだけでは「飽き足らない」場合、「白兵戦」として実際に対象ブログに飛んでコメントを記入できるようになっていた。炎ジョイ フレッシュアイペディアより)

  • マンダリン・ホテル

    マンダリン・ホテルから見た火災火災

    2007年9月5日午前零時(日本時間同2時)過ぎに火災が発生し、2棟あるうちのプリンセス棟(14階建て)の2-5階がほぼ全焼した。死者は出なかった。マンダリン・ホテル フレッシュアイペディアより)

  • 特殊化学設備作業者

    特殊化学設備作業者から見た火災火災

    化学設備(労働安全衛生法施行令第15条第1項第4号に掲げる化学設備)のうち、発熱反応が行われる反応器等異常化学反応又はこれに類する異常な事態により爆発、火災等を生ずるおそれのあるもの特殊化学設備作業者 フレッシュアイペディアより)

  • 幌内ダム

    幌内ダムから見た火災火災

    ダムは翌1939年1月より着工され、翌1940年(昭和15年)12月にわずか1年11ヶ月という工期で本体が完成する。しかし完成直前、発電所の運用開始前に行われる検査の直前に発電所施設が火災事故を起こして運用は延期。復旧工事を実施し翌1941年5月に施設は修復され、今度こそ運用が開始される手はずとなっていた。幌内ダム フレッシュアイペディアより)

  • 加賀橋立

    加賀橋立から見た火災火災

    明治5年(1872年)、大火に見舞われ、集落の約6割を消失したが、北前船の廻船業が最高潮であったため、速やかに復興し、より豪壮な家屋が再建された。明治時代後半になると、汽船や鉄道、電信の発達により、帆船である北前船は輸送業の座を奪われ、北前船の数も減少し船主達は他の業種に転換し橋立から北海道や神戸等に移住し家屋敷だけが残った。加賀橋立 フレッシュアイペディアより)

1151件中 131 - 140件表示

「火災」のニューストピックワード