前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
687件中 1 - 10件表示
  • 上野駅

    上野駅から見た高崎線高崎線

    当駅は、日本の鉄道黎明期に日本初の私鉄である日本鉄道が、上野 - 熊谷間の第一区線(現在の高崎線)開業時に合わせて、東京下町北端の山下町に東京方の起点駅として開業した歴史ある駅である。以来、日本を代表するターミナル駅として栄えてきた。上野駅 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮線

    宇都宮線から見た高崎線高崎線

    ラインカラーは首都圏地区の東海道線や高崎線と同様、車体色の一部に用いられているオレンジ()で案内されている。宇都宮線 フレッシュアイペディアより)

  • 東海道線 (JR東日本)

    東海道線 (JR東日本)から見た高崎線高崎線

    朝ラッシュ時の利用者が1日の普通列車利用者数の半数を占め(1989年時点)、また遠距離通勤客の増加による混雑の激化を背景に、JR東日本はラッシュ時の輸送改善に力を入れており、貨物線を有効活用した通勤ライナーの増発や2階建てグリーン車の連結による着席サービスの向上、座席のロングシート化による定員増や4ドア普通車の導入などによる混雑緩和が図られている。21世紀に入ってからは新たな運行体系として2001年に湘南新宿ライン、2015年に上野東京ラインの運転が開始され、東京から北関東方面へ向かう東北本線(宇都宮線)や高崎線との相互直通運転を行っている。東海道線 (JR東日本) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年代のJRダイヤ改正

    2010年代のJRダイヤ改正から見た高崎線高崎線

    宇都宮線・高崎線の「ホームライナー古河・ホームライナー鴻巣」の一部列車は、後述の急行「能登」の臨時列車格下げにより、489系金沢車から485系新潟車に置き換えられた。2010年代のJRダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

  • 東北本線

    東北本線から見た高崎線高崎線

    現在「東北本線」と呼ばれる線路は、日本鉄道の時代は「奥州線」と呼ばれたり、地図上では「東北鉄道」などの記載も見られたが、同社の定款では「第一区」から「第五区」、国有化直前時点の定款では仙台駅を境に「本線南区」・「本線北区」と称していた。国有化後の1909年(明治42年)10月12日には国有鉄道線路名称(明治42年鉄道院告示第54号)により、当線は主な経由地(福島県・宮城県・岩手県・青森県)の地方名として定着していた「東北」を冠し「東北線の部 東北本線」となった。この時「東北線の部」に属していた路線は東北本線、山手線、常磐線、隅田川線、高崎線、両毛線、水戸線、日光線、岩越線、塩釜線、八ノ戸線の11路線であり、東北本線はこの中の「本線」とされ「東北線の部」の幹線であった。主要経由地の4県は明治以前の令制国では陸奥国(奥州)の地域であったが、戊辰戦争の戦後処理の一環で明治政府が出羽国(羽州)と共に1868年(明治元年)に分割(「陸奥国 (1869-)」参照)、これに伴い民権派が薩長土肥を『西南』と呼んだのに対し、旧奥羽両国を指す新名称として明治10年代から使用し、当線の改称時には一般化していた「東北」が採用された。東北本線 フレッシュアイペディアより)

  • JR東日本E231系電車

    JR東日本E231系電車から見た高崎線高崎線

    本系列は、老朽化および陳腐化が進んだ首都圏の通勤車両(103系、201系、205系ならびに301系)および近郊形車両(113系ならびに115系)の置き換え用として開発、投入された。0番台は2000年(平成12年)3月より中央・総武緩行線(習志野電車区)に、次いで近郊タイプが同年6月より東北本線(宇都宮線)(小山電車区)に、500番台が2002年(平成14年)4月より山手線(山手電車区)に、そして800番台が2003年(平成15年)5月より地下鉄東西線直通用に、それぞれ順次投入され、現時点ではその運行範囲は宇都宮線、常磐線、成田線、東海道本線、伊東線、高崎線、上越線、両毛線、横須賀線、武蔵野線、湘南新宿ライン、上野東京ラインにまで拡大している。JR東日本E231系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 湘南新宿ライン

    湘南新宿ラインから見た高崎線高崎線

    湘南新宿ライン(しょうなんしんじゅくライン)は、東京都新宿区の新宿駅を経由し、東北本線(宇都宮線)と横須賀線、および高崎線と東海道線を相互直通運転する東日本旅客鉄道(JR東日本)の中距離電車の系統路線名である。駅ナンバリングで使われる路線記号はJS。(逗子 - 大宮間)湘南新宿ライン フレッシュアイペディアより)

  • JR東日本E233系電車

    JR東日本E233系電車から見た高崎線高崎線

    東海道本線で2008年(平成20年)3月10日から営業運転を開始した(2014年よりJR東海、熱海駅 - 沼津駅間、2015年より伊東線直通列車で運転開始)。また、東北本線(宇都宮線の上野駅 - 大宮駅間)・高崎線・両毛線でも2012年9月1日より営業運転を開始し、2013年3月16日からは宇都宮線大宮駅以北に、2015年3月14日からは湘南新宿ライン・上野東京ラインでも営業運転を開始した。JR東日本E233系電車 フレッシュアイペディアより)

  • ホームライナー古河・鴻巣

    ホームライナー古河・鴻巣から見た高崎線高崎線

    ホームライナー古河(ホームライナーこが)およびホームライナー鴻巣(ホームライナーこうのす)とは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が首都圏で運行していたホームライナーである。東北本線(宇都宮線)で運行されたものが「ホームライナー古河」、高崎線で運行されたものが「ホームライナー鴻巣」である。ホームライナー古河・鴻巣 フレッシュアイペディアより)

  • 本庄電気軌道

    本庄電気軌道から見た高崎線高崎線

    八高線開通前、陸の孤島状態であった児玉町やその西の群馬県多野郡鬼石町(現在の藤岡市鬼石地区)と高崎線を連絡する交通機関として活躍した。本庄電気軌道 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
687件中 1 - 10件表示

「熊谷・埼玉北部のできごと」のニューストピックワード