犬山城 ニュース&Wiki etc.

犬山城(いぬやまじょう)は、愛知県犬山市にあった日本の城である。現在は天守のみが現存し、江戸時代までに建造された「現存天守12城」のひとつである。また天守が国宝指定された5城のうちの一つである(他は姫路城、松本城、彦根城、松江城)。城跡は「犬山城跡」として、国の史跡に指定されている。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「犬山城」のつながり調べ

  • 犬山殿

    犬山殿から見た犬山城

    名は不明。通称は犬山殿と呼ばれ、信長の姉に当たる。夫の織田信清は犬山城主で信長、犬山殿両者にとって従兄弟にあたるが、信長の父信秀の時代である天文18年(1549年)には領地を横領するなど敵対関係にあった。後を継いだ信長は信清との和解に動き、姉を信清に娶せたのである。しかし両者が協同して奪い取った岩倉城の処理をめぐって対立が再燃、永禄5年(1564年)、信長は犬山城を落城させ犬山殿は信清と離別、信長の庇護下に置かれた。(犬山殿 フレッシュアイペディアより)

  • 中村一栄

    中村一栄から見た犬山城

    慶長5年(1600年)、一氏は関ヶ原の戦いにおいて東軍に属すが、上杉氏討伐で東上する家康に病床で自らが参陣できないことを詫び、弟を陣代として会津征伐に参加させた。一氏は合戦前の7月17日に病死した。一栄は小山評定ののち反転した東軍に加わり、桂市兵衛、織田四郎左エ門、鈴木勝元らと犬山城を攻め開城させたが、関ヶ原の戦いの前日の杭瀬川の戦いでは、西軍の島清興隊の罠にはまり、有馬豊氏と共に撃破され、野一色助義ら30余名が討ち取られた。関ヶ原の戦いの本戦では、南宮山に拠る毛利軍の抑えとして甥の一忠とともに垂井に陣する。(中村一栄 フレッシュアイペディアより)

「犬山城」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「犬山城」
地図情報

「犬山城」のニューストピックワード