134件中 121 - 130件表示
  • 犬山城

    犬山城から見た城門

    明治4年7月14日(新暦換算:1871年8月29日) - 犬山城の廃城/この日、全国で廃藩置県が断行される。これに前後して全国各地の城郭の多くは廃城・破却処分となっていったが、犬山城も例外とはならず、天守を除いて櫓・城門などほとんどが取り壊されてゆく。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た法人

    2004年(平成16年)4月1日 - 犬山城の所有者が個人から法人に変わる/犬山城は成瀬家(犬山成瀬家)の当主が城主として個人所有する物件(現代的価値では文化財)であったが、係る所有形態では保持に大変な困難を伴うことから、犬山成瀬家は個人所有を断念し、一族の中から城主に選ばれた成瀬淳子(犬山成瀬家第13代当主・成瀬正浩の妹)が、この日、財団法人犬山城白帝文庫を設立して理事長に就任し、この時をもって犬山城は法人所有となった。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た

    ※犬山城白帝文庫の公式サイトには本作を「脇差」としているが、本項では、重要文化財指定名称に準じて「短刀」とする。「短刀」と「脇差」の違いについては諸説あるが、一般的には刃長一以下のものを短刀、一尺以上のものを脇差と称する。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た譲渡

    1895年(明治28年) - 犬山城が、愛知県から旧犬山藩主・成瀬正肥へ、条件付き無償譲渡される/条件は修復等であった。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た初陣

    六曲一双。長篠合戦図(左隻)と小牧長久手合戦図(右隻)の一双で構成される合戦屏風であり、左隻には、犬山藩初代藩主・成瀬正成の父である戦国武将・成瀬正一が、右隻には、初陣を飾る正成の勇姿が2箇所にわたって描き込まれている。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た理事長

    2004年(平成16年)4月1日 - 犬山城の所有者が個人から法人に変わる/犬山城は成瀬家(犬山成瀬家)の当主が城主として個人所有する物件(現代的価値では文化財)であったが、係る所有形態では保持に大変な困難を伴うことから、犬山成瀬家は個人所有を断念し、一族の中から城主に選ばれた成瀬淳子(犬山成瀬家第13代当主・成瀬正浩の妹)が、この日、財団法人犬山城白帝文庫を設立して理事長に就任し、この時をもって犬山城は法人所有となった。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た兼山城

    文禄4年(1596年) - 豊臣秀次が切腹すると、石川貞清が城主となった。貞清は城の改築を行ない、この際の建築用材は美濃金山城の建物の一切を解体移築したという「金山越」の伝承があったが、1961年(昭和36年)の解体修理の際の調査の結果、移築の痕跡がまったく発見されなかったため、移築説は現在は否定された。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た雷雨

    2017年(平成29年)7月12日16時過ぎ、鯱が胴体から尾にかけて大きく破損しているのが見つかった。天守の北側にある避雷針が曲がっており、この日は午後から雷雨が降っていたため、犬山市は落雷が原因とみている。鯱は瓦製で作り直されて、2018年2月26日に天守へ設置。同年3月17日に記念式典が開かれた。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た文部科学大臣

    11月17日 - 国の文化審議会が、犬山城跡を国の史跡に指定するよう文部科学大臣に答申する。その後、指定された。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た個人

    2004年(平成16年)4月1日 - 犬山城の所有者が個人から法人に変わる/犬山城は成瀬家(犬山成瀬家)の当主が城主として個人所有する物件(現代的価値では文化財)であったが、係る所有形態では保持に大変な困難を伴うことから、犬山成瀬家は個人所有を断念し、一族の中から城主に選ばれた成瀬淳子(犬山成瀬家第13代当主・成瀬正浩の妹)が、この日、財団法人犬山城白帝文庫を設立して理事長に就任し、この時をもって犬山城は法人所有となった。犬山城 フレッシュアイペディアより)

134件中 121 - 130件表示

「犬山城」のニューストピックワード