琴春日桂吾 ニュース&Wiki etc.

琴春日 桂吾(ことかすが けいご、1977年8月25日 - )は福岡県春日市出身で佐渡ヶ嶽部屋に所属した大相撲力士。本名は山田桂吾(やまだ けいご)、愛称はケイゴ。身長182cm、体重150kg、血液型はB型、星座は乙女座、干支は巳年。得意手は左四つ、寄り、投げ。趣味はテレビゲーム。最高位は、東前頭7枚目(2010年11… (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「琴春日桂吾」のつながり調べ

  • 物言い

    物言いから見た琴春日桂吾

    2005年5月場所7日目、十両の琴春日?五城楼戦で、五城楼が同体取り直しの一番を取れず不戦敗になるハプニングが起きた。軍配は五城楼の突き落としに挙がったが物言い。琴春日の左肘と五城楼の右膝のつくのが同時で取り直しとなった。しかし五城楼は右膝を負傷し、相撲を取ることが出来ず不戦敗になった(嘗てこのような事態が発生した場合は、両者に「痛み分け」の判定が下されていた)。一方の力士の負傷のために取り直しの相撲が取れずに不戦敗となったのは、1948年10月場所6日目の横綱前田山?小結力道山戦の前田山以来57年ぶりだった。全治2週間の診断が出た五城楼は、すでに8日目に組まれていた春ノ山戦も不戦敗。2日続けての不戦敗は1989年(平成元年)9月場所の前頭3枚目富士乃真、12日目小結太寿山、13日目前頭3枚目三杉里)以来の珍事となった。(物言い フレッシュアイペディアより)

  • HIRO (お笑い芸人)

    HIRO (お笑い芸人)から見た琴春日桂吾

    昔から太っており、小さい頃から好き嫌いもなく出されたものは残さずに食べたという。また、両親が共働きで一人で食事をする事が多く、食事の適量が解からなかった事が肥満の原因とも語っている。そのため、5歳で50kg、小学1年生で早くも100kgを超えた。和歌山市立西脇中学校時代には150kgを超え、中学校卒業には190kgを超え、大相撲の世界に入り込むこととなった。中学校卒業後すぐに大相撲の中村部屋に入門し、15歳の時に本名の広瀬という四股名で1993年3月場所に初土俵を踏んだ。入門同期には、同じ中村部屋で後に関取まで昇進した須磨ノ富士、プロレスリング・エルドラド所属のプロレスラー・大鷲透がいた。翌5月場所から四股名を廣瀬富士と改め、序ノ口時代は後の幕内・琴春日を破るなど新弟子時代の成績は決して悪いものではなかった。同年7月場所には四股名を和歌桜と改めたが、厳しい稽古で体調を崩すことが多く長時間裸でいると下痢しやすい体質に悩んでいたこともあり、同年9月場所限りに約半年で相撲界から去った。(HIRO (お笑い芸人) フレッシュアイペディアより)

「琴春日桂吾」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ