琵琶湖 ニュース&Wiki etc.

琵琶湖(びわこ)は、滋賀県にある湖。日本で最大の面積と貯水量を持つ。湖沼水質保全特別措置法指定湖沼。ラムサール条約登録湿地。河川法上は一級水系「淀川水系」に属する一級河川であり、同法上の名称は「一級河川琵琶湖」で、滋賀県が管理している。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「琵琶湖」のつながり調べ

  • 瀬戸内海式気候

    瀬戸内海式気候から見た琵琶湖

    夏の季節風は四国山地に、冬の季節風は中国山地によって各々遮られる。このため年間を通じて天気や湿度が安定しており、降水月が5、6、7月(梅雨時)と9月(秋雨・台風時)の二峰性となっており、二峰の間の8月(盛夏)の降水量が著しく少なく雨温図上大きく凹むことが最も顕著な特徴となる。年間を通した降水日数(1mm以上の降水が観測される日数)も、梅雨(梅雨に類似する気象現象を含む)を除いて少ないのが特徴で風向によって降水日数に増減がある太平洋側気候・日本海側気候の地域と事情が異なる。降水量は年間1000?1600mm前後である。夏に雨が少ない時には、旱害が起こる事もある。その対策として、農地に隣接した土地にため池を作ることが古くから行われた。また太平洋側、日本海側の山に降った雨が川を通して流れてくるためダムを作ること(徳島県北部、香川県における吉野川)や上流域にある天然の湖沼の利用(近畿地方における琵琶湖など)によって水不足に対応できる。宅地化や利水の改善の結果でため池は減少傾向にあるが、現在も大阪府の泉州地域、兵庫県の東播磨地域や淡路島には大小様々な溜池が(その本来の用途を失っているものも含めて)存在している。その他、香川県には山地が少なく水がよく不足するため多くのため池があることで知られている。(瀬戸内海式気候 フレッシュアイペディアより)

  • NEC関西レイクスターズ

    NEC関西レイクスターズから見た琵琶湖

    愛称決定に際しては社内公募を行い、(1)NEC関西の本社工場が、日本一の湖(=英語でlake、レイク)琵琶湖に隣接していること。(2)市民から愛されるようなスターになりたい、との理由から「レイクスターズ」に決定した。なおNEC系列のスポーツクラブでは、基本的に「○○ロケッツ」(○にはチームカラーの英語名が入る)を使っているが、Jリーグのモンテディオ山形(ジャパンフットボールリーグ時代はNEC山形サッカー部の呼称)と同様に「○○ロケッツ」を使用しなかった。(NEC関西レイクスターズ フレッシュアイペディアより)

「琵琶湖」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「琵琶湖」のニューストピックワード