144件中 121 - 130件表示
  • 田口壮

    田口壮から見た突発性難聴

    デビュー当時は土井正三監督の厳しい指導からスローイング障害(イップス)、ストレスから突発性難聴に陥り、守備では失策を続けた。結局、内野手としては大成しなかった。しかし、「強肩病」とイチローが絶賛していた強肩を生かして、に外野手に転向。最多補殺、ゴールデングラブ賞などの常連になる程、好守の外野手としてレギュラーに定着する。イチロー、本西厚博(後に谷佳知)との外野手トリオは、当時球界一の守備力と言われた。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たメンフィス・レッドバーズ

    も開幕ロースターに残れず、傘下のAAA級メンフィスで開幕を迎える。5月27日にメジャー昇格し、9試合の出場で4打数2安打2打点を記録したが、6月8日に降格。8月17日にメジャー再昇格を果たし、9月12日のヒューストン・アストロズ戦では二塁手守備に就いて日本人初の内野守備を経験し(グラブはミゲル・カイロから借用)、メジャー初本塁打も放った。28日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦ではデニス・レイエスから3点本塁打を放ち、チームの勝利に貢献。最終的に43試合の出場で打率.259に終わったが、得点圏では打率.357と結果を残した。同年に長男が誕生し、一児の父親となった。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た日本経済新聞

    現役選手時代には、自身の公式サイトで「何苦楚(なにくそ)日記」を執筆。その内容を編集した同名の書籍を2004年に主婦の友社から刊行したことを皮切りに、「プロの著述家に匹敵する」とされる構成力の高さで数冊の書籍を著したことから、「書けるプロ野球選手」という異名も持つ。カージナルスの傘下チームで活動していたころは「日記しか書けないマイナーリーガー」と言われていたが、近年では「日記も書けるメジャーリーガー」と呼ばれるようになった。何苦楚はオリックス時代に指導を受けた中西太から授けられ、座右の銘としている言葉で、同じく中西の指導を受けた岩村明憲も座右の銘としている。オリックスの二軍監督へ就任した2016年からは、『ほぼ日刊イトイ新聞』内で「野球の人・田口壮の新章 はじめての二軍監督」、『日本経済新聞』の電子版で「2軍監督 田口壮!」というコラムを定期的に執筆。前述した著書『プロ野球・二軍の謎』は、2016年分の「2軍監督 田口壮!」を、同年のシーズン終了後に加筆したものである。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たレンジファクター

    シュアなバッティングと堅実な外野守備でオリックスの・シーズンの連覇に貢献。打順は主に1番打者や3番打者を務め、1996年は後半戦からイチローと入れ替わる形で1番に固定された。には1番打者として135試合全出場を果たした。同年は主に左翼手を務めたのにもかかわらず、刺殺302という中堅手以外では突出した数値を残し、他にも補殺17、失策1の守備率.997、RRF1.229という好成績を収めている。、は二塁手、遊撃手として起用されることも多かった。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たOPS (野球)

    カージナルス移籍後もレギュラーの休みの穴を埋める「スーパー・サブ」「10人目のスターター」のユーティリティープレイヤーとして活躍し、ポストシーズンでトレバー・ホフマンやビリー・ワグナーから本塁打を放つなど、大一番での打撃も目立った。勝負強さが持ち味のクラッチヒッターでもあり、2005年には得点圏打率.407(OPS.936)を記録した。メジャー通算でも打率.279・OPS.717に対して、得点圏では打率.331・OPS.835という数字を残している。また、メジャー通算における満塁時の打率は.512(41打数21安打、出塁率.510・長打率.707・OPS1.217)である。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たワールドスポーツMLB

    ワールドスポーツMLB(同上 大リーグコメンテーター)田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たシドニーオリンピックにおける野球競技

    は松坂大輔・中村紀洋らと共に、シドニーオリンピック野球日本代表として出場した。チームは3位決定戦で韓国に敗れ、4位に終わった。オリンピックでは日本ハムの田中幸雄選手と背番号が重なったため、背番号6を譲る形となり背番号1を着用した。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た2008年のワールドシリーズ

    はNPB/MLB通算1500本安打を達成するも代走・守備固めでの出場が多く、後半は同じく移籍してきたエリック・ブラントレットにそのポジションを奪われ、メジャーデビュー後自己最低の成績に終わった。チームは2年連続地区優勝し、ワールドシリーズにも進出して28年ぶりのワールドチャンピオンに輝いたが、自身はロサンゼルス・ドジャースとのリーグチャンピオンシップの1試合出場に留まった。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見たクラレ岡山硬式野球部

    允之はかつて、クラレ岡山硬式野球部(1973年廃部)の選手として、社会人球界で活躍していた。その影響で、2歳上の兄と共に3歳から野球を始めると、岡山市立平福小学校では当時住んでいた同社社宅内のソフトボールチームに所属、優勝大会多数。西宮市立平木中学校・兵庫県立西宮北高等学校を経て、関西学院大学へ進学した。田口壮 フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た二塁手

    も開幕ロースターに残れず、傘下のAAA級メンフィスで開幕を迎える。5月27日にメジャー昇格し、9試合の出場で4打数2安打2打点を記録したが、6月8日に降格。8月17日にメジャー再昇格を果たし、9月12日のヒューストン・アストロズ戦では二塁手守備に就いて日本人初の内野守備を経験し(グラブはミゲル・カイロから借用)、メジャー初本塁打も放った。28日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦ではデニス・レイエスから3点本塁打を放ち、チームの勝利に貢献。最終的に43試合の出場で打率.259に終わったが、得点圏では打率.357と結果を残した。同年に長男が誕生し、一児の父親となった。田口壮 フレッシュアイペディアより)

144件中 121 - 130件表示

「田口壮」のニューストピックワード