123件中 101 - 110件表示
  • キングコング: 髑髏島の巨神

    キングコング: 髑髏島の巨神から見た真壁刀義真壁刀義

    演 - 、日本語吹替 - 真壁刀義キングコング: 髑髏島の巨神 フレッシュアイペディアより)

  • ディーヴァ (プロレス)

    ディーヴァ (プロレス)から見た真壁刀義真壁刀義

    あべは水着で鈴木軍興行において、入場パフォーマンス中真壁刀義の眼力に怯みロープから転倒し、ブラホックが外れあわやポロリのセクシーな大惨事となった。ディーヴァ (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • タイチ (プロレスラー)

    タイチ (プロレスラー)から見た真壁刀義真壁刀義

    12月にメキシコ遠征から帰国し、タイチもTAKAみちのく、NOSAWA論外と共に新日本に戻った小島聡の下に集い、ユニット「小島軍(仮)」を結成する。タイチもこのころからセコンドとして度々試合に介入したり、インタビューで小島を絶賛するなど太鼓持ちとして活躍していった。しかしNEW JAPAN CUP以降、小島は真壁刀義とのシングルマッチの抗争を展開し、それと同時に1対1の真剣勝負に執着するようになり、試合開始直前に小島にリングから追い出されるようなった事をキッカケに不信感を抱くようになった。タイチ (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木軍

    鈴木軍から見た真壁刀義真壁刀義

    元々は2010年の7月に全日本プロレスを退団しフリーとなって新日本プロレスにUターン参戦してきた小島が、同年8月のG1クライマックス優勝と真壁刀義からIWGPヘビー級王座を奪取した後、新日本プロレスのタイチが「武藤敬司が社長就任後の全日本プロレスに所属していた」という共通項から小島をリーダーに担ぎ上げ、更にKAIENTAI DOJOのTAKAみちのく、東京愚連隊のNOSAWA論外を勧誘し、ユニット「小島軍(仮)」を結成した。鈴木軍 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木みのる

    鈴木みのるから見た真壁刀義真壁刀義

    2011年5月3日、新日本博多大会に来場し、真壁刀義対小島の試合後、敗れた小島を襲撃し、それまで小島と共闘していたTAKAみちのくらと共に、「鈴木軍(仮)」を結成した。2011年6月18日、大阪府立体育会館大会より本格に参戦する。鈴木みのる フレッシュアイペディアより)

  • ブルー・ウルフ

    ブルー・ウルフから見た真壁刀義真壁刀義

    モンゴル国立体育大学卒業後、2001年に新日本プロレスに入団。同年8月10日、真壁伸也戦でデビュー。ブルー・ウルフ フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見た真壁刀義真壁刀義

    8月、G1 CLIMAX(以降G1)に初出場。開幕前に「初出場・初優勝を狙います」と発言し注目を集めた。初戦の川田利明戦は敗北するも、その後は白星を重ね見事決勝進出を果たし、17日の決勝戦では真壁刀義と対戦。後藤も真壁らG・B・Hメンバーの介入やイス攻撃などにより流血を負いながらも、最後は昇天・改で勝利した。なお、後藤は史上最短キャリアでのG1優勝という新記録を打ち立てた。8月31日、IWGPベルトの奪還を目標に敵地のリングにおもむき、全日本プロレスでは史上2度目となるIWGPヘビー級王座戦が行われ、王者・武藤敬司に挑戦した。しかし、武藤のムーンサルトプレスで敗退し、奪還に失敗した。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • ドラえもん (2005年のテレビアニメ)

    ドラえもん (2005年のテレビアニメ)から見た真壁刀義真壁刀義

    作詞・作曲・編曲 - 平野航 / 歌 - エヴァ、棚橋弘至、真壁刀義、小島よしお、ツチダマドラえもん (2005年のテレビアニメ) フレッシュアイペディアより)

  • ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

    ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンから見た真壁刀義真壁刀義

    12月9日、WTL優勝決定戦にて、G・B・H(真壁刀義 & 本間朋晃)と対戦したが、EVILが本間からピンフォール負けを喫して準優勝で終わった。ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン フレッシュアイペディアより)

  • 黒田哲広

    黒田哲広から見た真壁刀義真壁刀義

    2006年9月24日、黒田は自ら所属するアパッチプロレス軍の3周年興行において(於・後楽園ホール)敵対するたかし軍団に所属の越中詩郎との一騎討ちに備え、20年前のジュニアヘビー級の名勝負の再戦だという名目で、越中の好敵手であった高田延彦(当時は高田伸彦)にあやかり、高田の入場テーマ曲「トレーニング・モンタージュ」(ただし新日本所属時代の“青春のエスペランサ”と呼ばれた時代の高田には「疾風のライダー」というタイトルのオリジナル曲が存在し、この「トレーニング・・」を高田がテーマにしたのは、越中との名勝負の新日本プロレス所属時でなく、後の1990年代のUWFインターナショナル時代の話である)とサイドにUWFと書かれたレガースを着用し、トレーニングにもUWFばりのキックを多様に取り入れ、すっかり高田延彦になりきり、越中に合い対峙をしたが、その甲斐も無く敗れてしまった。(ちなみに黒田と高田は直接の接点が無いが、ハッスルにおいて高田総統率いる高田モンスター軍と、黒田が所属のハッスル軍とで抗争中(現在はモンスター軍に加入してくれと、盟友であるキンターマンこと金村キンタローと共に、クロダーマンというキャラで、往年のパーマンに似たマスクを着用して素顔をひた隠しにし懇願中である)であり、同じ会場には居るわけである)。2007年1月8日WEWヘビー級選手権で王者真壁刀義に挑戦するも敗北。黒田哲広 フレッシュアイペディアより)

123件中 101 - 110件表示

「真壁刀義」のニューストピックワード