123件中 111 - 120件表示
  • ラリアット

    ラリアットから見た真壁刀義真壁刀義

    真壁刀義(キングコング・ラリアット)ラリアット フレッシュアイペディアより)

  • ランス・ホイット

    ランス・ホイットから見た真壁刀義真壁刀義

    5月15日、新日本プロレスのペンシルベニア大会に乱入し小島聡を襲撃、6月18日、ランス・アーチャーのリングネームで新日本大阪大会に正式参戦する。鈴木みのるとのタッグを組み、小島、真壁刀義組と対戦、鈴木がゴッチ式パイルドライバーで小島からフォールを奪い勝利した。以後は鈴木が率いるユニット「鈴木軍」のメンバーとして新日本に定期参戦する。ランス・ホイット フレッシュアイペディアより)

  • ニー・ドロップ

    ニー・ドロップから見た真壁刀義真壁刀義

    真壁刀義 - キングコング・ニー・ドロップの名称で使用。ニー・ドロップ フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た真壁刀義真壁刀義

    4月5日、真壁刀義とのシングルマッチでレフェリー不在の中、矢野通が乱入し真壁に椅子で殴打。このアシストを経て真壁に勝利し、後日に矢野ら旧G・B・Hメンバーと共にCHAOSを結成。コスチュームも黒のロングタイツに変更した。CHAOSの他のメンバーのようなあからさまな反則やヒール行為などは行っていないが、ファイトスタイルが今まで以上に殺伐としたものになった。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た真壁刀義真壁刀義

    入場時に限り、専用の服装をする選手もいる。多くは公式グッズのTシャツか、ガウンを着たりしている。ガウンに関しては様々な形があり、古くは着物タイプのものが主流であったが近年では選手のギミックに応じて色も形状も大きく異なっている。その他、真壁刀義やスタン・ハンセンのようにロープやチェーンなどの凶器を持ち込む者こともある。マスクを被ったりするものいる。代表例として桜庭和志、紫雷イオが挙げられる。珍しいものとして、スーツ着用の内藤哲也が挙げられる。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 原辰徳

    原辰徳から見た真壁刀義真壁刀義

    プロレスも日本テレビで中継をしている全日本プロレス→プロレスリング・ノアの系列に造詣が深く、ゲスト解説などもしている。これら団体の試合を会場で観戦することもしばしばある。全日本プロレスでは永源遙の唾攻撃が原、岡崎郁と一緒に観戦していた廣田浩章のジーンズの膝あたりにかかってしまった事もあった。その試合後に永源の唾攻撃を原らに目掛けてやった張本人であるラッシャー木村の十八番であるマイクパフォーマンスで「今日おいで下さった巨人軍の選手の方々。特に原選手。燃えろ!原、燃えろ!辰徳」というエールが飛び、観客は大歓声であった。ノア社長の三沢光晴や、現役引退試合の翌日に同じく東京ドームで行われた「激突!!新日本プロレス対UWFインターナショナル全面戦争」を観戦し、当時メインイベントで高田延彦に勝利した、WRESTLE-1の武藤敬司社長とはプライベートでも親交を深めている。ジャイアント馬場の訃報をキャンプ地の宮崎で聞き、マスコミに対し「僕にとってのヒーローが…これ以上は勘弁してください」と言って人目をはばからずに号泣した。馬場はジャイアンツの大先輩でもある。最近はノア以外の選手にも注目しており、特に新日本プロレスの真壁刀義は同じ相模原市出身ということもあって、巨人の選手との会話において真壁を引き合いに出して若手に奮起を促していた。2010年2月22日には新日本プロレスの真壁と4代目タイガーマスクが宮崎キャンプに訪問して、タイガーマスクからプレゼントされた特注の覆面を迷いなくかぶる大サービスも見せた(白色のマスクで、巨人のロゴマーク入り)原辰徳 フレッシュアイペディアより)

  • 高山善廣

    高山善廣から見た真壁刀義真壁刀義

    10月10日、「鈴木軍」の頭領・鈴木みのると、G1で邂逅を果たしたかつてのパートナー・真壁刀義による、シングルマッチを観客席で見守る。試合終了後、鈴木に敗れた真壁をエベレストジャーマンで襲撃、バックステージで鈴木と握手を交わし鈴木軍のサポートメンバーになる。高山善廣 フレッシュアイペディアより)

  • 闘魂三銃士

    闘魂三銃士から見た真壁刀義真壁刀義

    21世紀に入り、新日本プロレスの棚橋弘至・中邑真輔・柴田勝頼の3人が会社側の意向で「新・闘魂三銃士」と呼ばれるようになったが、3人がそれぞれ互いに遺恨を持っており、柴田が新日本プロレスを退団したことにより立ち消えとなっており、後に柴田に代わって後藤洋央紀を加えた3人で一部では呼ばれるも定着はしていなかったが、後に真壁刀義を加えた4人で「新日本四天王」とも呼ばれるようになった。闘魂三銃士 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のスポーツ

    2009年のスポーツから見た真壁刀義真壁刀義

    G1クライマックス優勝 真壁刀義(初優勝)2009年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 坂口征二

    坂口征二から見た真壁刀義真壁刀義

    2003年には、高山善廣との遺恨が発生し、13年ぶりに限定リング復帰。9月14日に蝶野正洋と組んで高山&真壁伸也と対戦、10月13日にも高山率いる真猪木軍との5対5イリミネーションマッチに出場した。両試合胴着姿で出場し、セコンドには次男の坂口憲二がついた。坂口征二 フレッシュアイペディアより)

123件中 111 - 120件表示

「真壁刀義」のニューストピックワード