211件中 101 - 110件表示
  • 石井一

    石井一から見た国民

    2009年1月20日の予算委員会での質問において首相の麻生太郎に対し、麻生自身が書いた「文藝春秋」掲載の手記に出てくる難解な漢字(それまで麻生が簡単なものも含めて、漢字の読み間違いが多かった)を「テスト」形式(「窶し」、「畢竟」など)のフリップで出し、本当に麻生自身が書いた手記なのかを迫った。迫られた麻生は「書かせていただいた。皆さんが読みにくいのは『身を窶し』ぐらいじゃないか」と言い返し、石井は「じゃあ、なぜ『みぞうゆう』なんて言うんだ。率直に認めないとまた支持率下がるよ」と皮肉を述べた。なお、この漢字テストに対して「経済危機で政治対策を行わなければならない時期に無駄な事をやって税金を無駄にするな」と国民から批判が殺到、また民主党内の一部議員からもイメージダウンになると苦言を呈された。石井一 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一

    石井一から見た国会対策委員会

    国土庁長官(第19代)、自治大臣(第45代)、国家公安委員会委員長(第55代)、衆議院政治改革特別委員長、衆議院予算委員長、国民の声幹事長、民主党副代表、民主党筆頭副代表、民主党国会対策委員長、衆議院議員(11期)、参議院議員(1期)などを歴任。石井一 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一

    石井一から見た第1次海部内閣

    国土庁長官(第19代)、自治大臣(第45代)、国家公安委員会委員長(第55代)、衆議院政治改革特別委員長、衆議院予算委員長、国民の声幹事長、民主党副代表、民主党筆頭副代表、民主党国会対策委員長、衆議院議員(11期)、参議院議員(1期)などを歴任。石井一 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一

    石井一から見た自由民主党 (日本)

    タイヘイレコード社長で、後に自由民主党兵庫県議会議員を3期務めた石井廣治の長男として、兵庫県神戸市須磨区に出生。石井一 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一

    石井一から見た国民の声

    国土庁長官(第19代)、自治大臣(第45代)、国家公安委員会委員長(第55代)、衆議院政治改革特別委員長、衆議院予算委員長、国民の声幹事長、民主党副代表、民主党筆頭副代表、民主党国会対策委員長、衆議院議員(11期)、参議院議員(1期)などを歴任。石井一 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一

    石井一から見た須磨区

    タイヘイレコード社長で、後に自由民主党兵庫県議会議員を3期務めた石井廣治の長男として、兵庫県神戸市須磨区に出生。石井一 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一

    石井一から見た国家公安委員会委員長

    国土庁長官(第19代)、自治大臣(第45代)、国家公安委員会委員長(第55代)、衆議院政治改革特別委員長、衆議院予算委員長、国民の声幹事長、民主党副代表、民主党筆頭副代表、民主党国会対策委員長、衆議院議員(11期)、参議院議員(1期)などを歴任。石井一 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一

    石井一から見た日本国政府

    運輸政務次官時代に、日本赤軍の起こした『ダッカ日航機ハイジャック事件』に、日本国政府派遣団長としてハイジャック犯との交渉に当たった。この事件に便乗して発生し、身代金強奪を目論んだ現地のクーデターに巻き込まれながらも人質の解放には成功したが、身代金600万米ドルの支払いと、政治犯の超法規的措置釈放というハイジャック犯の要求を飲む形に終わり、釈放された政治犯は現在も数人逃走中である。石井一 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一

    石井一から見た甲南中学校・高等学校

    神戸市立西須磨小学校、甲南中学校を経て、甲南高等学校に入学し弁論部に所属。1957年に甲南大学経済学部を卒業した後アメリカに留学し、1960年、スタンフォード大学大学院政治学研究科を修了し、修士号を取得。同校の助手となる。帰国後、郷司浩平の伝手で、郷司が専務理事を務めていた「日本生産性本部」の職員となる。石井一 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一

    石井一から見た東京都

    首都機能移転については積極的に推進する立場を採っている。特に災害対応や危機管理の観点から、東京都以外への首都機能の移転を主張する副首都構想を提唱している。石井一 フレッシュアイペディアより)

211件中 101 - 110件表示