1 2 3 4 次へ
35件中 31 - 35件表示
  • 5月12日

    5月12日から見た石川直宏石川直宏

    1981年 - 石川直宏、サッカー選手5月12日 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た石川直宏石川直宏

    2009年5月、城福からの「試合に出られそうなときとそうでないときで練習でのプレーにムラがある。サッカー選手は選手寿命が短いのだから時間の使い方がもったいないのではないか」との指摘や、NHKの番組にてプロ野球選手・小笠原道大(当時読売ジャイアンツ所属)の練習姿勢に感銘を受けた事などが重なり、「プロとしての自覚が足りないことに気付き、極限の努力をするべき」だと意識改革を試みる。以降は出場停止となった2試合を除き全試合にスタメン出場。6月20日のJ1第14節柏戦では身体の強さを活かし、チェックに来たDF小林祐三を吹き飛ばしてゴールを決めた。以降、ゴール量産こそならなかったが、体躯を活かしたプレーで貢献。このシーズン、15得点の活躍を見せた石川直宏からは「前に起点ができるおかげで、ぼくらが前に行ける。FWだからゴールに近い位置でプレーしたいはずなのに(ポスト役をこなしてくれる)」と平山のポストプレーなどを高く評価した。また、この頃から梶山陽平が「守備では本当に助かっている」と話すなど、運動量と守備意識に改善を見せている。城福からは「バイタルエリアからでも難しいパスを出すことができるが、シンプルなパスを出すところとの判断が甘い」と課題を挙げられている。11月3日のナビスコカップ決勝・川崎戦では後半にヘディングでゴールを決め、自身プロ入り後の初タイトル獲得に大きく貢献した。平山相太 フレッシュアイペディアより)

  • 原博実

    原博実から見た石川直宏石川直宏

    初采配となった2002年Jリーグ開幕戦では、前年度リーグ優勝の鹿島アントラーズを相手に、前がかりに走り続ける積極的なサイドアタックを繰り返し、4得点を挙げて圧勝。後の語り草となった。4-2-3-1の布陣を基本としつつ、同年獲得したMF石川直宏、DF加地亮のコンビで右サイドから打開し、左サイドには戸田光洋らFWタイプの選手を置いて中央へ走りこませるという左右非対称の斬新な攻撃 で上位進出に成功。2004年ナビスコカップでは延長PK戦の末に古巣浦和を下して、チームに初のJリーグタイトルをもたらした。原博実 フレッシュアイペディアより)

  • 加地亮

    加地亮から見た石川直宏石川直宏

    2002年、FC東京に完全移籍。夏場以降にレギュラーを確保し、MF石川直宏と右サイドで好連携を築いた。同年10月の札幌戦では派手にロングシュートを決めて J1初得点を記録。2003年10月、FC東京はナビスコカップ準々決勝で敗退していたが、同大会準決勝と日本代表の遠征の日程が重なっており、同代表候補の名良橋晃(鹿島アントラーズ)・山田暢久(浦和レッズ)・市川大祐(清水エスパルス)が前者を優先させたことから新戦力として、加地がA代表に抜擢された。チュニジア戦で国際Aマッチ初出場。加地は3バック全盛の当時においては希少な「本職」のサイドバックであり、MFを追い越して繰り返し全力で駆け上がる果敢なオーバーラップ が買われ、以後もジーコ監督率いる日本代表に定着し、2004年には中国開催のアジアカップに出場し優勝。代表とチームの行き来で調子を崩したこともあったが、真摯な練習姿勢で守備のカバーリングや状況判断などの質を着実に向上させていった。同年のナビスコカップ決勝ではPK戦の最後のキッカーに名乗り出て、これを成功させて優勝を果たし、FC東京に初タイトルをもたらした。2005年6月、コンフェデレーションズカップ出場。ブラジル戦での「幻のゴール」(判定はオフサイド)や、好守の切り替えを怠らないプレーで評価を高めた。同年、ドイツワールドカップ最終予選のイラン戦で国際Aマッチ初得点を挙げ、日本のグループ1位通過及び本選出場に貢献。加地亮 フレッシュアイペディアより)

  • 1981年の日本

    1981年の日本から見た石川直宏石川直宏

    5月12日 - 石川直宏、サッカー選手1981年の日本 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
35件中 31 - 35件表示

「石川直宏」のニューストピックワード