前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
117件中 1 - 10件表示
  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た京阪電気鉄道

    最寄駅:京阪電鉄京阪本線 八幡市駅 (徒歩約5分)石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見たトーマス・エジソン

    トーマス・エジソン、白熱電球の改良に際し当社境内の竹を使用したため、境内には記念碑があり、2月11日にはエジソン生誕祭も行われる。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た松花堂昭乗

    幕末までは神仏習合の宮寺として「石清水八幡宮護国寺」と称し、東寺(教王護国寺)・清水寺・比叡山延暦寺・仁和寺・鹿苑寺(金閣寺)・慈照寺(銀閣寺)・相国寺・大安寺など多くの寺院と深い関係を持った。また伊勢平氏も当社を重んじ、平正盛の造営の功や平清盛ら伊勢平氏の臨時祭での演舞が知られる。江戸時代まで護国寺や極楽寺、弁天堂を始め「男山48坊」と呼ばれる宿坊が参道に軒を連ねたといい、寛永の三筆である松花堂昭乗も当社に仕える社僧であったことが知られる。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た仁和寺

    幕末までは神仏習合の宮寺として「石清水八幡宮護国寺」と称し、東寺(教王護国寺)・清水寺・比叡山延暦寺・仁和寺・鹿苑寺(金閣寺)・慈照寺(銀閣寺)・相国寺・大安寺など多くの寺院と深い関係を持った。また伊勢平氏も当社を重んじ、平正盛の造営の功や平清盛ら伊勢平氏の臨時祭での演舞が知られる。江戸時代まで護国寺や極楽寺、弁天堂を始め「男山48坊」と呼ばれる宿坊が参道に軒を連ねたといい、寛永の三筆である松花堂昭乗も当社に仕える社僧であったことが知られる。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た葵祭

    創建以来、当社は境内の護国寺と一体になる宮寺形式をとった。往時は多くの堂宇が所在し山麓も壮大であり、その様子は山麓社殿を八幡宮と勘違いしたという『徒然草』の話で知られる。その後、明治維新の神仏分離において仏式は排除された。仏式で行われていた放生会もまたその際に「石清水祭」と名を変えたが、現在も同祭は大祭として葵祭・春日祭とともに日本三大勅祭の1つに数えられる。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た空海

    貞観元年(859年)に南都大安寺の僧行教(空海の弟子)が豊前国、宇佐神宮にて受けた「われ都近き男山の峯に移座して国家を鎮護せん」との神託により、翌貞観2年(860年)清和天皇が社殿を造営したのが創建とされる。「石清水」の社名は、とも、男山の中腹から湧き出ている"石清水"からともされる。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た清和天皇

    貞観元年(859年)に南都大安寺の僧行教(空海の弟子)が豊前国、宇佐神宮にて受けた「われ都近き男山の峯に移座して国家を鎮護せん」との神託により、翌貞観2年(860年)清和天皇が社殿を造営したのが創建とされる。「石清水」の社名は、とも、男山の中腹から湧き出ている"石清水"からともされる。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た仁徳天皇

    若宮社 (祭神:仁徳天皇) - 社殿は重要文化財。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た応神天皇

    第15代応神天皇の本名。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た平正盛

    幕末までは神仏習合の宮寺として「石清水八幡宮護国寺」と称し、東寺(教王護国寺)・清水寺・比叡山延暦寺・仁和寺・鹿苑寺(金閣寺)・慈照寺(銀閣寺)・相国寺・大安寺など多くの寺院と深い関係を持った。また伊勢平氏も当社を重んじ、平正盛の造営の功や平清盛ら伊勢平氏の臨時祭での演舞が知られる。江戸時代まで護国寺や極楽寺、弁天堂を始め「男山48坊」と呼ばれる宿坊が参道に軒を連ねたといい、寛永の三筆である松花堂昭乗も当社に仕える社僧であったことが知られる。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
117件中 1 - 10件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード