117件中 101 - 110件表示
  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た住吉三神

    住吉社 (祭神:住吉三神) - 社殿は重要文化財。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た清和源氏

    天慶2年(939年)、伊勢神宮に次いで奉幣される地位を得る。皇室・朝廷からは、京都の南西の裏鬼門を守護する王城守護鎮護の神、王権・水運の神として篤く崇敬され、天皇・上皇・法皇などの行幸啓は250余を数える。中世以降は勧請元の宇佐神宮に代わって、伊勢神宮と並び二所宗廟の1つに数えられる。また清和源氏の足利氏・徳川氏・今川氏・武田氏などの源氏諸氏族から氏神として崇敬されたため、武神・弓矢の神・必勝の神とされた。これら源氏によって、当社の分霊は源頼義による壺井八幡宮や頼義・頼朝による鎌倉の鶴岡八幡宮など、数多くの八幡宮に勧請された。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た京阪本線

    最寄駅:京阪電鉄京阪本線 八幡市駅 (徒歩約5分)石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見たマウンテンバイク

    レッドブル・ホーリーライドは2010年から行われているマウンテンバイクのダウンヒルレースで2010年と2014年は石清水八幡宮で開催された。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た比売神

    西御前:比咩大神 (ひめおおかみ)石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た京都盆地

    平安時代前期に八幡宮総本社の宇佐神宮(大分県宇佐市)から勧請された神社で、京都盆地南西の男山(鳩ヶ峰、標高143メートル)山上に鎮座する。皇室からは遠国の宇佐神宮に代わり二所宗廟の1つとして崇敬されるとともに、京都の裏鬼門(南西)を守護する神社の代表格として鬼門(北東)の延暦寺とともに重要視された。武家からは特に源氏が武神として信仰し、源氏の広がりとともに壺井八幡宮・鶴岡八幡宮など、当社から各地に八幡宮が勧請された。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た伊勢平氏

    幕末までは神仏習合の宮寺として「石清水八幡宮護国寺」と称し、東寺(教王護国寺)・清水寺・比叡山延暦寺・仁和寺・鹿苑寺(金閣寺)・慈照寺(銀閣寺)・相国寺・大安寺など多くの寺院と深い関係を持った。また伊勢平氏も当社を重んじ、平正盛の造営の功や平清盛ら伊勢平氏の臨時祭での演舞が知られる。江戸時代まで護国寺や極楽寺、弁天堂を始め「男山48坊」と呼ばれる宿坊が参道に軒を連ねたといい、寛永の三筆である松花堂昭乗も当社に仕える社僧であったことが知られる。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た武神

    平安時代前期に八幡宮総本社の宇佐神宮(大分県宇佐市)から勧請された神社で、京都盆地南西の男山(鳩ヶ峰、標高143メートル)山上に鎮座する。皇室からは遠国の宇佐神宮に代わり二所宗廟の1つとして崇敬されるとともに、京都の裏鬼門(南西)を守護する神社の代表格として鬼門(北東)の延暦寺とともに重要視された。武家からは特に源氏が武神として信仰し、源氏の広がりとともに壺井八幡宮・鶴岡八幡宮など、当社から各地に八幡宮が勧請された。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た鳥居

    境内入り口に立つ一の鳥居は、八幡鳥居の形式である。銅製の額「八幡宮」は、一条天皇の勅により藤原行成が書いたものを松花堂昭乗が元和5年(1619年)に書写し、打ち出したものとされる。「八」の字は、向かい合った二羽の鳩が顔を外に向けた形に作られている。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮から見た勅祭社

    慶応4年(明治元年・1868年)3月12日に明治政府の神仏分離により、神号を「八幡大菩薩」から「八幡大神」と改めた。1871年に近代社格制度において官幣大社に列する。1883年(明治16年)には、勅祭社となった。石清水八幡宮 フレッシュアイペディアより)

117件中 101 - 110件表示

「石清水八幡宮」のニューストピックワード